和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

また広島だで④

 |  | 

昨日はどんぐりさんが来て、一昨日は牛小屋のたくみさんが来て、そう、6月1日と2日にクラフト in 八頭です。

それはそれとして、最後の広島です。

5月6日です。

もうなんども広島だからかけあしで記します。

IMG_1047

朝ですねぇ。

いつものホテルバイキングをたっぷり食べて、菓子博覧会は10時が開場ですが、きっと9時30分には開くでしょうから、まあ9時に会場へいけばいい。

楽チンですよ。

IMG_1048

すぐ近くのコンビニ。

なんども利用しました。

IMG_1051

まだ正面ゲートはひらいてません。

その前を通って関係者用の入り口からはいります。

IMG_1053

島根県とは隣です。

IMG_1072

入り口付近はこの日も結構な人です。

もっともパンフレットを並べたらすることがない。

現場の用心棒といってもなぁ、日本人は変な人はいませんから、ここにいてもすることがないんです。

IMG_1080

で、近くでなんか良いところはと行ったのが縮景園です。

IMG_1086

大きな庭園です。

浅野四十二万五千石の大大名ですもんねぇ。

鳥取は三十二万石だで。

これも全国的には大きいほうですが、こんな庭はない。

IMG_1109

だがここにも原爆の傷跡があるんです。

64人の被害者が埋められていたそうです。

IMG_1128

街なかにこんなところがあるのはいいですよ。

IMG_1134

結局昼はここで食べました。

うどんセットという。

500円。

IMG_1131

で、また会場へ引っ返し、引継ぎをし、それが終わればもう仕事は終わり。

ところが列車の時刻にはどえらい中途半端なんです。

いなばと新幹線のセットの切符でいなばに乗らなければいけないんです。どうしても。

でないと7000円ほど値段が高くなるんですよ。

IMG_1139

で、まあ、芸がないんですが、広島港ですよ。

IMG_1148

松山への船を利用する人がけっこういる。

2時間あまりかな?三千数百円だったと思う。

これに乗ってみたい。

IMG_1156

さあ、路面電車で広島駅へ向かいます。

IMG_1157

あいかわらずの新幹線の駅。

IMG_1161

きれいな人を見かけました。

この人には新幹線がよく似合う。

いや、まあ、スーパーいなばでも似合う、と思う。

IMG_1163

山陽と山陰の違い。

この「のぞみ」の多さ。

山陰には「こだま」さへ走ってない。

もっとも「スーパーいなば」は広島には走ってないからどっこいどっこいだ。

うそだで。

IMG_1169

N700系に乗って、スーパーいなば、それも三両編成の車両へ乗り換えて鳥取へ帰ってきました。

そうそう、広島で「スーパーいなば」の指定席を取ろうとしたら満席でとれず、だが自由席は席があいていた。

で鳥取の改札口へ階段を下りてゆくと、なんと女将が迎えに来てる。

なんか独身の時を思い出した。

四十数年前にもこんな情景があったのを思い出した。

あの頃は二人とも燃えていた。

いまはくすぶってる。

IMG_1170

で、記念写真を撮っとくかとシャッターを押した。

その時の女将の大笑いに広島が消え去り、鳥取の空気に一瞬に包まれたような、そんな気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください