和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

息子帰宅

 | ,  | 

女将が首を長くして待った長男の帰宅です。

日本への出張、横浜で仕事をしていたようです。

さて鳥取着は東京便の最終の9時pmなんです。

四代目はJC病にて砂丘のイリュージョンに毎日行っているし、結局私が行かねばならぬ。

これって帰るまで酒が飲めないということなんです。

なんということでしょう!

いや、かわいい息子のためですよ。

うん。

久しぶりの湖山の空港です。

寒かった。

送迎デッキには最初私一人。

少しして私よりじいさんめいた人が一人上がって来た。

いつも思うんですが、逆噴射ってのはすごいですねぇ。

瞬時にスピードがなくなります。

エアバスの320だったかな?

羽田では滑走路の隅っこのほうに停まっている小さな旅客機です。

それでも100人あまり乗せて空を飛ぶ。

まあ、鳥取なんかには適度な大きさなのかもしれません。

息子はこれで帰って着ました。

よく言われることですが、帰ることのできるふるさとがある人は幸せかもしれない。

物理的にも生まれ育った鳥取の少し湿った空気を息子はめでます。

体になじみ、ほっとするようです。

さらに母親の手料理があれば、もう言うことなしでしょう。

そこには祖母も歓迎してくれる。

幸せとはこういうものなのか、と、思う。

ま、しかし、二人の体の大きさの違い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください