和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

昨日は彼岸の中日

 |  | 

昨日22日は彼岸の中日でした。

要するに秋分の日。

毎年和菓子屋は忙しいのに、、、、、

19日が彼岸の入りで、大女将が「墓参りしただか?」と毎年静かにうるさいので、今年は女将としては四代目に花を買わせて準備ばんたん。

19日の朝早く「わたしぃ、墓参り行ってくるけ。自転車でさっと行って来りゃぁすぐだけ。」もちろん開店前。

そのダンナとしては、こりゃぁ車の運転ぐらいせにゃぁならんわい。

と、車を玄関前に乗り付けて、買ってあった花も積んで、女将を乗せて寺へ出発したもんだ。

光明寺。

浄土宗のお寺です。

ここは欲が無くて助かる。

というのも、世の中くそ坊主が多くて、金、金さらに金。

銀行のものすごい得意先となっているのが目立つ。

いつも停める駐車場へ車を入れて、女将は花を抱えて塀の内へ。

ワシは水道のところへバケツ二杯に水汲みに。

たがいにやることはわかっているから、迷いがない。

同じ頃別な墓参りの夫婦が、同じような準備をしている。

この奥さんとは、、、あれ、女将が親しく話してる。

顔の広い女将だわい。

水汲み終えて、二杯のバケツをもって、我が墓所へ。

花は女将、水を変えるのはワシ。

てきぱきとしてる。

さて、線香と蝋燭は‥‥ライターも持って来とるで、、、と、さあ、線香とローソクは‥‥

「持って来なんだで。」

‥‥‥‥?

こりゃぁ海水浴へ行って水着もって来なんだようなもんだで。

その女将の知り合いが「ああ、ありますで。使ってもらわぁええですが。」

数本の線香をもらって、持参のライターで火をつけて供養したのでありました。

考えたら、これまでの法事のときに、お供えの菓子忘れたとかで、線香も忘れたことあったぞ。

ワシとりに帰ったこと複数回あったような気がする。

先祖は笑ってた。と思う。

これが、平和というものかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください