和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

オランダ旅行②

 |  | 

今日二度目のブログです。

昨日は旅行第一日目、関空近くのワシントンホテルまででした。

女将と同室で寝るなんて何年ぶりでしょう。

さて、大阪での数時間、何事もなく目覚め、外を見ると青空の様子。

鳥取であれば朝の散歩でしょうがここでは無し。それよりも

朝食です。7時半には玄関にいなければならない。空港行きのバスです。

6時から食べようと思っていたら、

「あんたぁ、6時半からって書いてあるで。」と食事券を見ながら女将が言う。

「フロントは6時って言っとたが。ええがな行ってみよいや。いけなんだらひっかえしゃぁええが。」

やってました。朝のバイキング。

まず軽くパン食。おいしいですよ。

やはりご飯と味噌汁がいいもので、冷奴もあるでよ。

さらにおいしい。

さすが国際空港に近いホテルであればさまざまな国の人がテーブルにむかっています。

近くには台湾か中国の家族でにぎやかに食べてます。

シャワーも使ってバスにて関空です。一緒に乗ってきた全日空のスチュワーデスさん、いや客室乗務員の何人かとも一緒に下車。

なんといえばいいのか。

人工島ですよ、これ。

滑走路は海抜4メートル余だったかな。

ごついことです。

出国の手続きは簡単です。

青と白のKLMオランダ航空アムステルダムスキポール空港直行便です。

直行便でないと我々たぶん行けない。

言葉出来ない、読めれない。

エミレーツなんぞで行こうもんならドバイで迷って何処に行くか分かったもんじゃありません。

久しぶりの飛行機です。

しかも12時間だわい。

どんな料理がでるのかなとか、飲み物は白ワインがいいなとか考えてた。

室内も青。

制服も青です。

背が高い。

ボーイング777-200ですがごっついエンジンです。

ジェットエンジンはすごいですねぇ。

離陸のときの推力には驚きます。

座席もちょっといいです。

これエコノミーなんですがコンフォートゾーンというらしいんですが足元が10センチ長いのが34席あるんです。そうそう、全部で318席です。

さらに結果3席を我々夫婦が使うことになったのです。

これは帰りもそうでしたが、いいですよ。

と、まあすべて順調でした。

が、ううむ、ガス。放屁したくなったんですよ。

でもなぁ、こんな密室でするわけにはいかんで。と我慢した。

さらなるおならも我慢した。

我慢し続けて何時間?

限りなく広がるシベリアの上空でも我慢した。

スカンジナビア半島の上でもまた我慢。

トイレにいっても、そのとき出ない。

結局最後まで我慢でした。

腸の中にガス充満。

気持ち悪いで、ほんと。

翼の前の、これもフラップといえばいいのか、グララララと降りてスピードを落とした。

後ろのフラップは変わりない。

これだと翼が見た目細くならなくて安心の感じ。

さあ、オランダだ。

緑が多い。

言葉もろくに通じずに入国審査をすませてバッゲッジホールで荷物をとって、到着口へ出ると息子の顔がありました。

息子は慣れたもんでカートに荷物を積んで「こっちだで。」と我々を導きます。

駐車場です。

これも、

そこにカートを置く所もある。

息子の愛車。

ホテルへ向かう。

この時点でオランダ時間で午後3時57分だが、日本時間だと午後10時57分となる。

どう思う?

これからアムステルダム運河クルーズだで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください