和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

ぼやき川柳・06.04

 |  | 

今日土曜午後3時5分NHKラジオ第一放送です。

毎週のようにこまでは同じようにキーボードをたたきます。

いや、まだあった。

また没です。

                                                         

東日本大震災の影響でまったく投句しなかった女将ですが、今回から参戦。

夫婦力をあわせて鳥取の名を高めようぞと、合わせて二枚の葉書を寿町の郵便局ポストへ投函したのです。

二枚で100円。

そしてみごとに没ったのです。

まず女将の句。

あ、そうそう、お題です。

「全部」と「染める」です。

 

 全部好き 50年後は ちょっと好き

 染めむらを メッシュが流行(はやり)と いばる妻   菓子屋の女房

                         

                                                                                    

(画像は近所のみたから保育園の子供たちです。ひょいと外見ると赤い帽子をかぶって、たくさんいました。)

で、私、鳥取人の句です。

今回は地震以降、少しづつ、自らを鼓舞し、気持ち高めてきたんですがねェ。

没でしたですで候ですねぇ。

                                     

 自然さも 全部人工 植えた髪

 何につけ 全員賛成 こわいです

 白髪染め いっそブロンド ルージュ濃く

 藍色に 指も染まりて 箸を持つ

 菓子作り 濃すぎて若葉が 深緑に

                                    

「自然さ‥」は日本の山々。人は自然といいますが、ちゃいまっせ。たいていまじめな日本人の植林の森。杉、そしてヒノキの針葉樹です。そんな感覚も詠み込んだのですがねぇ。

「藍色に‥‥」なんて、こう、若い職人が染めの仕事に慣れてきて、染まった指で御飯を食べる。そんな情景を想ったのです。でも、没。

「白髪染め‥」の情景は、、、たとえばダンナが亡くなったのですよ。しんどい介護もしたでしょう。だから、、皺があろうが、たれようが、けじめをつけて新しいこれからの世界へと、「いっそブロンド ルージュ濃く」なんですよ。で、没なんですよ。

これぞ、ぼやきですよねェ。あはは。

はい、今日はおしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください