和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

長州の伊藤博文

 |  | 

なんでもないんですよ。

ずっと最近は幕末、そして明治初期を読んでいるんで、そんななか、ひょいと知った言葉です。

伊藤博文は貧農の子として生まれ、松下村塾で学んだんです。

吉田松陰からは決して優秀な生徒とは言われなかったものの、素直で周旋の才ありと言われたようです。

ハルビンで暗殺されるんですよね。

銃弾3発受けて。

今回現日本では二度目の阿倍総理が誕生しましたが、この人は山口県出身です。

伊藤さんも長州出身ですよ。

しかも、初の総理を含めて4回かな?総理を務めてる。

激動の時代にですよ。

この伊藤博文が残した言葉です。

「大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は事をなすにたらぬ。」と。

貧農の生まれ、長州で下っ端だった伊藤が、戊辰戦争を生き抜き、本人はそんな気はなかったと思うんですが、今に伝えられた言葉です。

ふ~むと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください