和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

墓参り

 |  | 

台風15号の影響下でも、明日は彼岸の中日です。

まあ一般の、特に若い人にとっては「休みだ。」くらいにしか考えてないのでしょう。

                                               

わずかの小雨の朝6時過ぎ。

女将が「これから墓参りに行こうと思っとるだが。」との第一声。

運転手はワシ。

寺町にある光明寺です。浄土宗。

画像を見てください。

三つ葉葵ですよ。恐れ多くも徳川ですよ、松平ですよ。

きっと江戸時代には結構なお寺だったに違いない。

この日和尚夫婦に会ったのにいわれを聞けばよかった。

そうだ、家康は浄土宗です。またおおちだに神社にもこの三つ葉葵の幕が掛けてあります。

                                                                                 

朝に行くと人はいません。

墓を貸切です。

なんもならんですが‥‥。

途中和尚夫婦に会うのですが、いいですよ、この寺のご夫婦は。

とかくのくそ坊主と違い、「金」に執着が無い。

檀家としては助かっています。

奥さんがワシと高校の頃同級生だったと聞いているんだが、クラブばっかりで覚えてない。今、いい奥さんだのに。

さてウチの奥さんは昨日準備した花をそばにおいて、てきぱきと墓の掃除をし、その新聞紙から出した花をかざります。

                                            

というのも今にも雨が降りそう。

                               

                                     

                                

                        

                                                                                 

画像は墓場の幽霊?

いやいや、祖父、祖母、父、伯父さんの「藤田」の墓をきれいにし、花を飾り、次は先祖代々の墓に向かう女将ですよ。

このたくさんの花。

これは和尚が植えたものです。

けっこうマメです。

                                        

                                                 

帰り、喫茶店の「丸福」です。

もう何十年行ってないのか。

いやあ、昔々はそれなりに行っていました。

席も決まっていて、奥の階段の下。

これは、ほんと、さまざまな思い出がありますぞ。

もう店が開いている。

モーニングサービスか?

珈琲を好きな人にとっては朝の一杯は、こりゃあ答えられん感じがします。

赤信号で停まって車の時計は7時7分でした。

                                                                  

ここから東へまっすぐ進むと弊店があるのですが、この画像の通りは二階町。

江戸時代には二階建ての建物が多くあったのでこの町名です。

そう、風呂屋ですよ。

いや、今の話ではない。当時二階には湯女もいるわけで、酒もあるし、お茶もある。

まあ、スナック、バー?

遊び場かな。

ところが、因州の男も馬鹿だから、何度かその「女」をめぐって刃傷沙汰が‥‥。

                                             

怒った池田の殿様は

「馬鹿野郎!こんなことが幕府に知れてみいや。取り潰しになるがないや!!ほんにあほだわいや。あそこは早いとこぉ、廃止にせなぁいけんちゃ!」

とばかりに風呂屋を潰したそうな。

かわりに木工の職人をここに連れてきたのです。

で、この通りは家具屋さんが多かった。

多かったんですが、、、、、なかなか、持ちこたえられない。

少なくなりました。

時の流れです。

                                         

袋川は水量が増えていた。

ふだんは草むらの場所で、かもがなにかあさってる。

この川を渡ると弊店です。

さあ、朝ごはんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください