和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

幽霊道路

 |  | 

昨日「おわり」と書きました。

実は終わってなかったんです。

神をも住まう清浄な空気を胸に吸いながら歩いていると、

「あのなぁぁぁぁ、途中で無くなる道路があるで~~。」

という声が私の鼓膜を震わせたんです。

不思議に逆らえぬ響きがありました。

その声のさしず通り、細く滑りやすい道路を鷲峯神社から下り国道か、県道へ出ました。

ハンドルは左へ切れとのまたも逆らえぬ我が脳細胞。

遠く村のなかに誰も住んでいない家を目にし、さらに谷を山の上のほうへへ登っていきます。

「その橋を渡ってすぐ左だで。」

まっすぐ行くと三徳山へ向かうのですが、声は左だと導きます。

で、どんどん登るんです。

「まだだで、もっと上だで。」

また声がします。

「もうすぐだで。」

「そこを曲がったら終わりだで。」

その声はうったえるのです。

「え?おわり?」

曲がると‥‥‥

あら?道が、道がない!

「なんだぁ、これは?ほんとで道がないで!」

と思わず言葉にしました。

ここまで導いた声の主の岡田卓己さんは

「ええとこだろうが?空気はええし、眺めもええし、昔はよう来たもんだわな。」との言葉。

確かにそうです。静かだし誰も来ん。

だって道路がこの先ないもん。

これがアスファルトが切れてその先何メートルあっただろう?砂利道の行き止まり。

女のたくましさは、こんな所でもただでは、車から降りない。

すすきを採って、手ぶらでは帰らない。

後ろを見てもなにもなくいいところです。

その後下って帰ってきました。

猪か、狸か、うんちが道路にあったりして、人間もひそやかで、なかなかいいところです。

おわり。

Pulmicort

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください