和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

菓子組合バスツァー

 |  | 

いくら屋根のあるバスで行くってたって、小旅行に雨が降ると調子がでませんねぇ。

11月4日(日)はおかげさまでいい天気。

島根県の安来にある足立美術館と、中海にある大根島の由志園へ行ったのです。

参加者17名。

途中大山が見えて来る。やはり、いいですねぇ、大きな山は。

トイレ休憩ですが、両隣は日の丸バスで、境の高校生が乗っていた。

クラブの試合があるらしい。

我々は去年も日本交通のバスでした。

しかも大型。

今年は中型です。

大きくなった大山。

たいてい世間の平均より歳をとった参加者が多いです。

頑固そうです。

職人だからでしょう。

頑固な主人のお菓子屋さんは、その商品がおいしいです。

足立美術館のことをいまさら、詳しくはいいません。

たいしたもんだ。

日本画とやきものは撮影禁止なので画像なし。

庭はものすごく手入れがしてあります。

びっちりと手入れがしてあって隙がない。

入館料一人2,200円。

高い!

だのに広い駐車場にどんどんバスやらマイカーが入ってくる。

受付では福沢諭吉さんが何人も受付のガラスの下の穴から入っていきます。

我々は割引券を持ってたから34,000円。

福沢さんは3人だわい。

食事は大きな楽しみ。

美術館とはすぐ近くの安来節演芸館でいただきました。

もちろんジョッキに生ビールもゴクリゴクリといただきました。

どじょうの料理もありましたが、やめて白魚の鍋がしてありましたです。

うまかったです。

なまずのようなどじょう。

さつまいも。

大山を伯耆富士というはずだ。

(画像をクリックしてみてください。)

パートさんの小谷さん。

みなさん楽しんでらっしゃいました。

由志園です。

大根島はぼたんが有名なんですが、朝鮮人参の説明をしたおねえさんです。きれいな人でした。

すわればぼたん、かな?

女将はすわればぼたもち?

ここの入園料は600円。ここも割引券持ってたから500円でした。

ここでは職員が手入れしえるそうで、頑張ってます。

こういう地道な努力が大切なんです。

弊店もですが、弊店はずと地味です。

土産も売ってた。

すれちがったバス。

喜太郎だわい。

境港の渡というところですが、平田屋の看板がみえる。

昔食べに来たことがあるが、ここのそばはうまい。

あと寿製菓にトイレ休憩でよりましたが、ものすごい客の数でびっくり。

で、9号線の渋滞に巻き込まれながら、おそくなったものの、皆さん楽しそうでありました。

そう、おやつやらビールやらたくさん用意してたから、重たそうにぶらさげて家路をたどっていきました。

弊店はあくる日の配達の用意をして一日を終えました。

おわり。

canadian pharmacy Estrace

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください