和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

鹿野城跡の桜

 |  | 

Oさんの誘いもあって鹿野へ行って来ました。

ネットでも桜祭りと書いてあった。

天気もよし。第二土曜で店は休み。でも配達すまして行ってきた。

ほんとは温泉もはいりたいが、まだ風邪も治らんし、それはなしです。

ここは桃山、江戸時代初期にがんばった亀井茲矩さんの城があったところです。

普段は時間が静かに人を待つ落ち着いたところです。

さすがにこの日は花見の人が多い。

城山祭りだ。

カメラマンも多い。

みんないいカメラ持ってる。

この日と、今日の一両日は神さんも浮かれてるんじゃないかと思う。

これはうちのカミさん。

青空で、なんか幸せの気分ですよ。

ずっと寒い冬にとじこめられてたのが、この桜、それもいっせいに咲く桜と暖かさに、つい、つられてごそごそ人が出てきたような。

そんな喜びが空気になっています。

亀井茲矩さんも祭りが好きなようですし、祭ってある、そう、普段行く温泉(山紫苑)の近くからここに来てるかもしれません。

なんだかわけのわからんものもありました。

なんだぁ?こりゃぁ。

その近くに大きな椿。

椿事と書いてチンジと読むんですが、珍しい出来事という意味なんですが、なんで椿だろう。

楽しそうです。

若い娘も楽しそう。今が花。

これは笑った姥桜。

ブログの検閲されたら怒られるで。

とにかく桜だらけ。

知り合いにも会った。

たくさんの花見客をよそに、ぽかぽかと春の暖かさのなか、ほうけたように水に浮いて亀がぴくりともせず花を見ていた。

こんな花見もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください