和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

15日の和菓子教室

 |  | 

15日土曜日の和菓子教室です。

今回は参加人数が多くなりそうなので15日と22日の二日に分けてすることにしたんです。

DSC_0014

今回は「みたらしだんご」と「玄米だんご」そして「砂丘餅」です。

まずみたらしだんごです。

DSC_0006

「玄米だんご」も相前後して生地を作り、一緒に蒸したんです。

DSC_0007

と、まあ、しかし参加者は、いえ、お客さんは題材はどうでもいいような。

DSC_0019

要は楽しく時を過ごせればいいような。

もちろん甘い物は幸せを作りますし。

DSC_0054

食べて美味しけりゃさらにいいわけです。

DSC_0056

笑いが、、、、どうも甘い物食べたらしあわせになるらしい。

笑いがとまらない。

幸せだ。

DSC_0036

こちらはまじめに作ってる。

3グループに分けてそれぞれが作ったんですよ。

DSC_0043

常連さんもいるし、初めての人もいるわけで、一緒に作るんです。

DSC_0072

あら?まだ笑ってる。

DSC_0065

ほんらいだんごのはずが、なんだろうか?これは。

個性があふれすぎてる。

DSC_0037

裏方は大変だ。

なんでもが仕事というのは地味なもんだ。

DSC_0058

どうも笑いがとまらないらしい。

なんでも笑いになっちゃう。

DSC_0067

こちらは静に作ってる。

DSC_0064

かたちは、これもまじめかな。

DSC_0070

近所のY親子だ。

今日出来たのを持って帰ってじいちゃんたちと食べるみたい。

DSC_0089

食べることも大きな目的だ。

DSC_0093

焼いてから餡をつけて食べると、これがうまいんですよ。

DSC_0096

砂丘餅を作ってる。

DSC_0100 - コピー

指差しているのは砂丘の「馬の背」だそうだ。

観光地砂丘入り口を少々登ると目の前に見える砂の丘です。

すぐ下に海がある。

馬の背です。

DSC_0102

終わって持ち帰りの戦利品?を箱に入れてる。

帰宅したらそこはスィートカフェだで。

DSC_0105

終わったあとの腹がへって死にそうな店舗補佐のたおちゃんです。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください