» 鳥取のことのブログ記事

仕事をしながら窓を通して道路を挟んだ「火伏神社」が見えるんです。もう二週間前になるのかな、そこに醇風の子供たちが入り口の階段を上がるのが見えたんです。8人くらいはいただろうか。次にはバラバラに道路を渡り弊店に入って来た。なかには知り合いの娘がいたりするんで、第一私も、いや、祖父から私の息子までみな醇風小学校の出身なんです。

店で応対してた女将が工場へ呼びかけた。

「火伏神社の神さんはなんだいなぁ?」

で、私は店へ出て

「カグツチノカミだがなぁ、イザナミが最後に産んだ神さんだが。(火の神でイザナミは産むときに火傷を負って、これがもとで死んでしまう。だから最後に産んだのはこのカグツチノカミだと私は思っているんです。)火の神さんで、もっとも鳥取大火の時には燃えたけどなぁ。」と答えたんです。

と、引率の若い男性の先生が

「アポなしで来てすみません。外国の人に紹介できるものを探しているもんですから。今の火伏神社ですが、愛宕神社という「水」の神さんの神社があって、各地に分社しているんですが、なにか関係あるんでしょうかねぇ?」

「さあ、どうなんでしょう。」とワシ。

で、G寺に行ってみることをすすめました。この寺はこのブログで掲示板を紹介してますが、演奏会なんぞも開いていてけっこう「門口」が広そうなんです。小学生も受け入れてくれそうなもんですすめたんです。

その結果は聞いてないですが。

さて、そのあとで京都の愛宕神社を調べてみたら、複数の祭神のなかにカグツチノカミが祭られているんです。そして「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた火伏札を配ってたとのこと。

引率の先生は水の神と云ってたがこれは火事を防ぐ神社だから「水」の神と勘違いしたのに違いない。

要はこの愛宕神社から分かれた神社ではないかと、そんな感じが強い。

東京にも愛宕神社があるが、家事を防ぐために作られたらしい。だが、これも大火や関東大震災、さらには空襲で焼けたりしてるみたいだ。

まぁ、神社ってのは人の願いが形になったものだろうから、そして願いを託すところだろうから大切には思うものの、全能ではなく、それはそれでやむを得んわなぁ。

 

 

東シナ海でさらに発達して日本縦断をした台風18号でした。

枕崎からのテレビニュースでは、どうも、九州旅行で泊ったホテルの海が見える大きな部屋、そこで食事したのですが、どうもそこから画像を送っていたらしい。部屋から見えた景色が何度も出てきた。旅はしておくものです。

で、鳥取に来るぞと、その17日の朝空の様子にシャッターを押したのが上の画像です。だが、雲はあまり動いておらず、結果的には予報より遅れて夜に、風、雨が強くなりました。

で、鳥取では無茶苦茶な被害はなかったようです。県庁の裏の栗谷町で床下浸水と云ってたが、そのテレビ画像では、そうたいしたことではなさそうでした。

あくる日、

18日は敬老の日で営業は夕方5時までなんで、久しぶりに賀露海岸へ行ってみた。

と!?ごっついごみ!!!!ごみ!!ごみだで!

どうやら陸地から流されて来たような、萱のようなものが、さらには流木が溜まってる。いやぁ、びっくりですよ。豊かな海を望むなら、豊かな山が必要なんだゎ、と、そう思ったりしたんです。

あらためて、18号は嵐だったんだと思いました。

あ、そう、九州もすぐ近くの東シナ海でさらに台風が発達するなんて、ちょっと、怖い。温暖化が原因だとすれば、できるだけ車には乗らず、冬はストーブも使わず△□<%#△?。あぁ、現代人の私には無理かなぁ。

 

「九州へ行ってきました」がえらく長くなっているんで、ちょっと一休みだで。

今日は16日。盆のあいだ、弊店はずっと休みなしでやって来たので、今日、昨日は盆休みなんです。今日こそ散髪するぞと思ってたんですが、なんと散髪屋さんも今日まで盆休みとのことです。

さて鳥取は毎年のごとくに14日は傘踊りでした。ワシは見に行ってないですが。

昨日の15日は千代川河川敷で花火大会で、夜大きな音が轟いていました。ワシは見てないですが。

画像は午後買い物で千代橋を通ったときのもので、露店の準備をしてました。この花火が終わると鳥取の夏が終わったとの、そんな気になります。

花火の音のなか、ワシはウイスキー飲みながらNHKの番組を見てた。太平洋戦争のインパール作戦をあつかったもので、いかに作戦を立てる連中が底抜けにあほだったかというものです。とに、腹が立つ。だがそんな奴が戦後もそれなりの地位についていたりするんですよ。結局日本は戦争の原因を反省をしてなくて、現在も本質的に同じ人種が社会的地位についているものと思われる。これはよくない。

8月15日は敗戦記念日なんです。

ところで、九州の旅から帰って1カ月たちますが、いまだ元気が出ない。少し、少しはエネルギーがたまって来たかなとは思うけど。

汚い足で申し訳ないが、親指は内出血のまんまだで。

七十まえの爺さんに夏の旅はむかない。そんな気が、とてもする。

 

 

 

雨が降らない。これでは「おおちだに」の「宮池」も干上がってしまうんではないかと心配してる。日本の周りは水だらけだのにねぇ。

今朝の画像です。賀露海岸。雲なき賀露海岸です。

水だらけ、もっとも海水だが、だのに雲もない。

風もない。全くの凪。

鴨は暢気に泳いでた。

歩いていたら、以前にワシが落ちたときと同じような穴が開いてた。ひょっとしてこれもだれかが落ちたんではないかな。足跡がけっこうついているし、大きさもちょうどワシが落ちた時と同じくらいだ。

凪の海へ釣竿を伸ばしている人もいる。暢気かなぁ、この人は。

定刻通り朝7;05には東京便も動き出し、いつもと変わらない。

コメントはない。歩くうちに暑くなってきた。

雨は降りそうにない。

先ほど四代目が工場の排気窓を閉めたらなにか硬いものの落ちる音。

支えのネジが落ちたようだ。

今日は曇り。

そんな日、かねてよりの約束通りさるスーパーの開店前に行ってきました。納品準備のためです。

DSC_0032

モールといえばいいのでしょうか、すごい店舗です。近くに鳥取資本の店舗があるのですが、さぁどうなるのでしょう。

工事中の店舗の中をみると、とかくにスーパーを下に見る傾向がありますが、いやぁ、鳥取唯一の百貨店よりかも立派ですよ。

DSC_0035

そしてこのスーパーでも地元の小さなメーカーをテナントにしようとしています。

まぁ、よろこんでいいのかどうか?どんな業種も地元企業は少なくなってきています。

DSC_0038

まぁ地元だろうが、そうでなかろうが、絡み合って進んでいるようです。

云えるのは鳥取の人はゆっくりと人がいい。

そう思う。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra