» 我々の国のブログ記事

九日の深夜ですよ。私の携帯、ガラケイが手の届かぬ机の上でボーッ、ボーッ。と震えて鳴り出した。真っ暗な中ですよ。「誰だいや?こんな夜中に?ほんにええ加減にせいよ。あ、それとも身内になんかあったのか?」急ぐも真っ暗。スタンド点けて、ベッドから体を起こし、携帯探し、手に取って、開こうとすると、、、、「ボーッ」、が鳴り終わった。「なんだよ、もっと電話し続けんかい!」と開いた携帯を閉じたら、すぐにガタガタと揺れだした。

 

「オゥ!地震だがないや。え?揺れとるがな?まさかこれ以上の揺れはないだろうなぁ。」などと思っていると、とりあえず揺れは止まった。

見れば椅子の上に寝ていた飼い猫「もなか」も掛けていたジャージを顔を見えるだけはねのけて、こちらを見ている。

すぐに手元にあるテレビのスイッチを手に取って、テレビ点けたんです。なんか番組をやってたが、地震の事はまだやってない。文字で地震があったと出てきた。

それによると01;32頃地震があったとのこと。後震源地は島根県大田市とのことでした。一度ここの大森町を歩いたことがあるんです。江戸時代の建物も残ってた。

まぁ、鳥取は大丈夫だろうと、寝かけた。そしたらまた揺れた。揺れ戻しかと思ったが、ま、大丈夫だろうと、隣の部屋に寝ている女将のところへはいかなかった。

この前日は日曜日で、しっかり昼寝もし、賀露海岸にも行き、午後7時前には風呂も沸かし、さらには風呂からあがると晩酌もし、夜のディナー(?)も食べて、日曜日の小さな幸せを味わってたんですよ。

ただし、「好事魔多し」というのか、頭の隅になんかなぁ?不安?ええことばかりは続かんぞ、と、そんな言葉というのか、もやもやとあったんです。

具体的なのは、地震とかでそのユッタリジカンが打ち砕かれるようなそんな想像映像です。

地震ほど我々にとってどうしようもない自然現象はないもんですよ。

ま、でも、鳥取は震度3でした。

大田市は震度5強だとのこと。被害も出てる。でもボランティアの受け入れの準備もしてるとのこと。日本にはいい人がたくさんいるのだ。

(画像少し白黒にしました。どうでしょう?)

 

いやぁ、背中が痛い。だいたいが「ろっぽうやき」は中腰の姿勢を長く続けるので、今年に入ってからはなるべく焼かないようにしているんですが、しかし、四代目に変わるまではと頑張ったんです。

結果、やっぱりなぁ、とばかりに痛いのだ。

I have a pain in my back. と言えばいいのか?ぎっくり背中なのだ。

さてG寺です。「自分以すべて師」とある。

最近文字数が少ないが、忙しいのかとも思う。

で、すべて師なんて言って、どうなん?

考えてみるがいい。

中国の国家首席の習近平という人が今までの2期10年の任期をのばそうとしている。この人の息子は、たしかアメリカへ留学していたはず。それも贅沢な有様だったように聞いている。結局は自分の財産をため込んでいるんだろう。そういえば中国の会社の人工知能へ中国とは?と聞くと汚職がはびこるとんでもない国。とかの答えが出たとのこと。

さらに北朝鮮のキムジョウンにしても自国の国民が飢えているのに、自らは太るばかり。この国の名前は「朝鮮民主主義人民共和国」だが、どうも言葉の意味が違うらしい。

こんなのも「師」とするんかなぁ?

権力は腐るといわれるんですが、もう、典型的ではないのかな?

人は知恵として民主主義というものを考えだしました。そうなぁ、日本は今の国民みんなが20歳になれば、今では18歳になれば投票権があるのは、第二次世界大戦の終了後、GHQによって与えられた制度ですよ。

意味をよく考えねば日本は発展しない。

今日鳥取は雪が時々降っていました。

さて本題です。

ながい間かかって読んだんです。

「日本のいちばん長い日」ですよ。半藤一利さんの書いたものです。なんせおこもり部屋でしか読まないので長くかかるんです。で、その前に「日本国の憲法の二〇〇日」を読んでるんで、さらにまたその前に「あの戦争と日本人」を読んだんです。順序が逆だけどもねぇ。

だが、皆目記憶に残ってないんです。いや、ちょっとはある。GHQの力。日本の首脳のバカらしさ。さらにはジャーナリストの不甲斐なさ。なんなんでしょう?幕末から明治のころの人たちは、もっとしっかりしてたんじゃないのかなと思うんです。

日本国憲法が出来るまでの様子。GHQの力。マッカーサーの思い。この辺りは皆さんに読んでもらいたい。原爆が使われたいきさつ。なんともです。さらに玉音放送が流される前の8月15日に至る14日からの息詰まる一日。「日本のいちばん長い日」は映画にもなってますよ。阿南陸軍大臣には役所広司さんが扮してました。15日に腹を切るわけです。

私は戦後生まれなので実際の戦争中の事とかを知りませんが、それでも、占領されたのがソ連でなくてよかったとは思いますって。

ひょっとしたら、北海道、東北はソ連の統治になっていたかもしれない。鳥取はイギリスの管轄かな。思えば爺さんがいってたが、インド人が駐留してたとのこと。なるほど、と思う。

何が左翼で、なにが右翼かは知らんが、当時GHQがこれは役に立つと考えたその連中は、本来東京裁判にかけられることを免除されたみたいだ。いつの世にも世渡りのうまい奴がいるもんです。

だが、一番の問題は、日本人がなんで、あの戦争に踏み込んでいったのか?ということです。さらに、戦後すぐにアメリカナイズされたのはなんだったのか?とも思う。だって、原爆にしても各地の無差別爆撃にしても、もっと腹をたってもいいのではと思うんです。

日本の我々が、あれは、なんだったのかとしっかり考えぬと、また、同じように破滅的な戦争に巻き込まれてしまうのではないかと心配するんです。

 

昨日、台風21号の影響で止まぬ雨の中を夫婦で投票してきました。

結果は与党の勝利となりましたが、さて、はたして日本は国民にとって、世界にとっていい国となりますでしょうか。

この人に、この人でないといけないと思って投票した人がどれくらいいたのか疑問です。

それと、最高裁判事の国民審査はわからん。

議員関連ばかりではなくマスコミはこの分野のニュースも流していただきたい。

今夕は大女将が一時退院。明日はまた別な病院へ送って行ってリハビリです。

なんかしら病院は病院の都合がある。と、いうより、医療費がかさみ国の財政がせっぱつまってきてるのではないだろうか?

骨を折ろうが長い入院は出来ないようになっている。

それはそれとして、和菓子屋であれば本来和菓子を載せるのが本道というものです。もっとも忙しくてなまものをろくに作ってない。いやはや、ごめんなさい。です。

で、とりあえず「撫子」です。

よく「大和撫子」というが、どうもこの清楚な感じに日本の女の子をたとえたらしい。だが、そんな撫子らしいのっているのか?

これは「因幡のくりまんじゅう」ですよ。上の黄色いのは卵黄を塗るんです。何回も。するとこうなる。

塗った部分が焦げるんです。で、くりまんじゅうとなるわけです。

そういやぁ、日本って国は大丈夫なんだろうか?民進党が自爆したし、希望の党?なんなんだ?みんな頭おかしいんじゃないかな。

とりあえず民進党に払われた政党助成金?数年前に◇△一郎さんみたいにポケットには入れてほしくない。

希望の党へひょこひょこ行った民進党のみなさんは政治的主張、日本はこうしなければ、というような主張はないのでしょうか?

この連中、どれだけ税金を無駄遣いしてることか。

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ご案内