» 我々の国のブログ記事

今日鳥取は雪が時々降っていました。

さて本題です。

ながい間かかって読んだんです。

「日本のいちばん長い日」ですよ。半藤一利さんの書いたものです。なんせおこもり部屋でしか読まないので長くかかるんです。で、その前に「日本国の憲法の二〇〇日」を読んでるんで、さらにまたその前に「あの戦争と日本人」を読んだんです。順序が逆だけどもねぇ。

だが、皆目記憶に残ってないんです。いや、ちょっとはある。GHQの力。日本の首脳のバカらしさ。さらにはジャーナリストの不甲斐なさ。なんなんでしょう?幕末から明治のころの人たちは、もっとしっかりしてたんじゃないのかなと思うんです。

日本国憲法が出来るまでの様子。GHQの力。マッカーサーの思い。この辺りは皆さんに読んでもらいたい。原爆が使われたいきさつ。なんともです。さらに玉音放送が流される前の8月15日に至る14日からの息詰まる一日。「日本のいちばん長い日」は映画にもなってますよ。阿南陸軍大臣には役所広司さんが扮してました。15日に腹を切るわけです。

私は戦後生まれなので実際の戦争中の事とかを知りませんが、それでも、占領されたのがソ連でなくてよかったとは思いますって。

ひょっとしたら、北海道、東北はソ連の統治になっていたかもしれない。鳥取はイギリスの管轄かな。思えば爺さんがいってたが、インド人が駐留してたとのこと。なるほど、と思う。

何が左翼で、なにが右翼かは知らんが、当時GHQがこれは役に立つと考えたその連中は、本来東京裁判にかけられることを免除されたみたいだ。いつの世にも世渡りのうまい奴がいるもんです。

だが、一番の問題は、日本人がなんで、あの戦争に踏み込んでいったのか?ということです。さらに、戦後すぐにアメリカナイズされたのはなんだったのか?とも思う。だって、原爆にしても各地の無差別爆撃にしても、もっと腹をたってもいいのではと思うんです。

日本の我々が、あれは、なんだったのかとしっかり考えぬと、また、同じように破滅的な戦争に巻き込まれてしまうのではないかと心配するんです。

 

昨日、台風21号の影響で止まぬ雨の中を夫婦で投票してきました。

結果は与党の勝利となりましたが、さて、はたして日本は国民にとって、世界にとっていい国となりますでしょうか。

この人に、この人でないといけないと思って投票した人がどれくらいいたのか疑問です。

それと、最高裁判事の国民審査はわからん。

議員関連ばかりではなくマスコミはこの分野のニュースも流していただきたい。

今夕は大女将が一時退院。明日はまた別な病院へ送って行ってリハビリです。

なんかしら病院は病院の都合がある。と、いうより、医療費がかさみ国の財政がせっぱつまってきてるのではないだろうか?

骨を折ろうが長い入院は出来ないようになっている。

それはそれとして、和菓子屋であれば本来和菓子を載せるのが本道というものです。もっとも忙しくてなまものをろくに作ってない。いやはや、ごめんなさい。です。

で、とりあえず「撫子」です。

よく「大和撫子」というが、どうもこの清楚な感じに日本の女の子をたとえたらしい。だが、そんな撫子らしいのっているのか?

これは「因幡のくりまんじゅう」ですよ。上の黄色いのは卵黄を塗るんです。何回も。するとこうなる。

塗った部分が焦げるんです。で、くりまんじゅうとなるわけです。

そういやぁ、日本って国は大丈夫なんだろうか?民進党が自爆したし、希望の党?なんなんだ?みんな頭おかしいんじゃないかな。

とりあえず民進党に払われた政党助成金?数年前に◇△一郎さんみたいにポケットには入れてほしくない。

希望の党へひょこひょこ行った民進党のみなさんは政治的主張、日本はこうしなければ、というような主張はないのでしょうか?

この連中、どれだけ税金を無駄遣いしてることか。

先日四代目達が笹を採ってきました。毎年の事です。この笹が粽とか、ふまんじゅうを巻く笹となるわけです。

粽は五月五日で、まだこの頃は笹が大きくなっていない。やっと旧の暦で笹の大きさがなんとかなるわけです。和菓子作っててなんか調子が取れない。カレンダー通りに考えると、実際にはあわない。笹もない。正月ではまだ梅は咲いていないに、だのに梅も作らにゃならない。

いま東京都議会選挙の結果がテレビで流れているが、都民ファースツの会(?)が圧倒的の強さを表しています。自民党の都議のおごりがこの結果になったんでしょう。

ただ都民ファーストの会も、何のことはない現都知事の小池さんが集めた票です。

新都議のなかにはあんぽんたんもいるんでしょうねぇ。東京都の生活者を基本に考える人ばかりだとは思えません。

にわか作りのものは、やはりミスが多いものです。

ま。でも民主主義としては少し前進なのでしょう。と、思う。

そういやぁ、数年後に「栄養表示」を各商品に表示しなくてはならない。ほら、よく載ってるエネルギーが○○カロリーとか、たんぱく質が○○gとかの奴です。

零細企業としては一々検査していては大変な費用がかかるわけで、国が出してる原料の数値を拾って計算することが出来るようになっているんです。ところが、特殊な原料は、載ってない。当たり前で地方色豊かなものの原料の数値は載ってないのです。これは大変です。

で、安倍総理のブログへこういう原料の数値を載せていただくようにメールを送ったんです。

だが、なんの返事もない。「四代目は当たり前だがなぁ」、という。

そういうもんかなぁ?

もう一度だしてみるかなぁ。それとも鳥取県知事にあっせんしてもらうように手紙でも書くかなぁ。

一日そんなに自分以外には会わない。一日に数人かな。考えてみれば、極めて小さな世界です。

そんな数少ない人に問うのです。

「なんか面白いことないか?」答えはきまって「ない!」と返ってくるんです。

これって、けっこう幸せな返答なんじゃないかなと思うんです。

もし、今の状態から、何かアクシデントが起きたら、どうなん?

それは事故だったりとか。不幸ですよ。

幸せのダレタ姿かなぁ。

なんか、今の日本がかぶる。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra