» 寿町のブログ記事

仕事をしながら窓を通して道路を挟んだ「火伏神社」が見えるんです。もう二週間前になるのかな、そこに醇風の子供たちが入り口の階段を上がるのが見えたんです。8人くらいはいただろうか。次にはバラバラに道路を渡り弊店に入って来た。なかには知り合いの娘がいたりするんで、第一私も、いや、祖父から私の息子までみな醇風小学校の出身なんです。

店で応対してた女将が工場へ呼びかけた。

「火伏神社の神さんはなんだいなぁ?」

で、私は店へ出て

「カグツチノカミだがなぁ、イザナミが最後に産んだ神さんだが。(火の神でイザナミは産むときに火傷を負って、これがもとで死んでしまう。だから最後に産んだのはこのカグツチノカミだと私は思っているんです。)火の神さんで、もっとも鳥取大火の時には燃えたけどなぁ。」と答えたんです。

と、引率の若い男性の先生が

「アポなしで来てすみません。外国の人に紹介できるものを探しているもんですから。今の火伏神社ですが、愛宕神社という「水」の神さんの神社があって、各地に分社しているんですが、なにか関係あるんでしょうかねぇ?」

「さあ、どうなんでしょう。」とワシ。

で、G寺に行ってみることをすすめました。この寺はこのブログで掲示板を紹介してますが、演奏会なんぞも開いていてけっこう「門口」が広そうなんです。小学生も受け入れてくれそうなもんですすめたんです。

その結果は聞いてないですが。

さて、そのあとで京都の愛宕神社を調べてみたら、複数の祭神のなかにカグツチノカミが祭られているんです。そして「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた火伏札を配ってたとのこと。

引率の先生は水の神と云ってたがこれは火事を防ぐ神社だから「水」の神と勘違いしたのに違いない。

要はこの愛宕神社から分かれた神社ではないかと、そんな感じが強い。

東京にも愛宕神社があるが、家事を防ぐために作られたらしい。だが、これも大火や関東大震災、さらには空襲で焼けたりしてるみたいだ。

まぁ、神社ってのは人の願いが形になったものだろうから、そして願いを託すところだろうから大切には思うものの、全能ではなく、それはそれでやむを得んわなぁ。

 

 

今月も明日のみ。G寺の掲示板を載せなければいけません。

雨が降るなら 雨にぬれ 風が吹くなら 風にゆれ

と住職が書いてる。

ここは日蓮宗のお寺だったと思うが、これが、「あるがまま」というなら他所の坊さんが云ってるみたいだ。

ワシは、まぁ、雨が降るなら傘をさしたい。

ところで九州へ旅立つ前は道路を挟んで東側のOさん家が、まだ建っていた。

私の記憶があるかぎりずっと建っていた。

が、旅から帰って来てみたら、眺めが変わっていた。

数日前に設計事務所の人らしき女性が、写真撮ったり、メジャーで測ったりしてたから、どうも新しい家が建つらしい。

皆変わっていきます。

変わらぬものはありません。

無常なのです。

 

現代では一部草木も起きる丑三つ時、110番に電話しました。道路挟んだところにある小さな神社。火伏神社の賽銭を盗もうとしてた盗人がいたんです。これで三度目。

まぁもう目がよく見えないから目撃談も役に立ったのかどうか。ようわからんが。で、朝2時少し前に開けたまま寝ている窓を通して、なにやら、異音。え?また賽銭泥棒か?電話するのはいいが、後が長くなるかなぁ。そんなことも思いながら携帯で電話しました。やはり110番てのは緊張するものです。

なんせ深夜での静かな時間。気づかれぬように電話するのもなかなか気遣うものです。

ずっと110番の人と話をしながらパトカーを待つのですが、長いですねぇ、時間が。で、最初に着いたパトカーは軽自動車でした。なんかイメージとしてクラウンのパトカーで来てほしかった。鳥取県、鳥取市てのはパトカーを買う金がないのかと、そんな寂しさがありました。

これが原因ではないけど結果は逃げてしまいました。

一時間ほど家の前で刑事さんの質問に答えて、さらに今日の朝、仕事前には寿町1区の町内会長さんがたづねて来て、聞けば今月の火伏神社の祭りの時にやはり賽銭を盗まれていたとのこと。

なんとも、です。さらに朝10時ごろには寿町2区の町内会長、前町内会長、さらに主な役員さんが加わって神社に集まっていました。刑事さんもですよ。

で、今神社にいつも点いてる小さな蛍光灯が点いていない。

ひょっとしてこれはトラップだろうか?

 

端午の節句が過ぎて和菓子屋も暇になった六月の初め。第一土曜日、そして日曜日、火伏神社の祭りがあるんです。

弊店とは道一つ挟んだところにある小さな神社です。

それでも毎年見ていると、ここにも人それぞれのドラマがあります。

IMG_0549

この神社は寿町一区と二区が管理してるんです。そしてこの祭りのときだけ神主さんが出張してきます。

大森神社の神主です。で、太鼓たたいて、一年の町内関係者の幸せを祈るわけです。

子供は町内を提灯もって周り、最後はここに集まって来るんです。ここに集まるとお菓子がもらえる。

人間なにかの楽しみがないと動かんもんですよ。

で、この日は子供の人口がふだんより増えるんです。いいことですよ。とても。実際この町内にはふだん子供の声などほとんど聞こえない。この日は、この町内から他へ嫁に行って子供を作り、その親子が帰ってくるんです。郷の祭りですよ。

IMG_0552

実際、若い新米のおばあちゃんと初めての孫あかちゃん、久しぶりの若いおかあさんとその子供。いろいろですよ。でもなぁ、去年元気でここにいわあせた〇〇さんの顔が見えなかったりします。

寂しさもあり、希望もありと、この小さな世界にも大きな世界の法が流れています。

日本の神は人を幸せにする神ですよ。人は神を敬い、姿勢を低くして謙虚に幸せを願うわけです。

政治家はどうなん?

バチが当たるで!

今朝仕事にかかる前に散髪をしました。長い間通ったY理容店ではなく、やはり近所のF理容店です。

ここは80歳前後の夫婦でやってるんだけど、おばさんが実によく喋るんです。さらにどこにでもあるかかあ天下なんです。常連から電話がかかってきて、まずはおばさんの言葉。

「〇◇さんが11時ごろ来んさるってや。」で、おじさんが少々まちがえて、

「あぁ、10時かいや?ちょうどええかもしれんで。」とおばさんが

「11時って言ったが!ごろもついとったで10時と11時はぜ~んぜんちがうが!」そしておじさんは

「・・・・・・。」私の紙を切りながら、静かなんです。

なにか、よくあるような光景かもしれません。

IMG_0090

ところで、この静かなおじさんは骨折して、以前から老人向けの施設へリハビリに行っているんですが、この行き先が弊店の大女将と同じところに通っているとのことです。

IMG_0091

そうだで、大女将は昨日から正式に通い始めたんです。昨日が最初の日です。迎えに来た施設の軽自動車には後ろの座席に爺さん二人が載っていて、昼前帰ってきた軽自動車のときには、やはり後ろの座席におばあさんが二人乗ってました。まさしく鳥取は老人の街になったようです。

IMG_0092

ま、大女将は楽しかったらしく、けっこうなことです。

耳までかかってわずらわしかった髪を切り、すっきりとして、髪がなくなったぶん、すとんと深く入ってしまう仕事の帽子をかぶり、天花粉の香りを感じながら、いま仕事している。

いや、ブログ書いてる。

今日はいい天気だ。

 

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ご案内

viagra