» 季節のブログ記事

先回の野中広務さんのところで書き忘れてるところがあった。いや、ウイキペディアを読んだ人はいいのですが、あまり読んでないのだろうと、ちょっと書いておく。

あのサリン松本事件があったとき、第一報者のKさんがサリン散布の犯人だと疑われたんですよ。報道関係もみんなそうだった。まさか宗教団体のオウム真理教の信者が犯人とは、その時誰も思わなかったんです。

このKさんの奥さん自体がサリンの影響で重度の身障者になってしまってるんで、Kさんとしてはとんでもないことです。

その疑いがはれた時、Kさんへ野中広務さんがお詫びにいったそうです。しかも自分で運営する重度身障者施設へ受け入れる準備もしていたとのこと。Kさんは断りましたが、長野の施設を紹介されて、そこで奥さんの面倒を見たとのこと。Kさんはこれを感謝して野中さんへずっと長野産のリンゴを送り続けたとのことです。

そういえば今回自衛隊のヘリコプターが民家へ墜落したのに対し、小野寺防衛大臣もお見舞いに伺ってました。こんなの出来そうで出来ないんです。ほんと。

弊店に車で突っ込んだじじいなんか保険屋だけよこして本人は姿を現さなかった。事故当時電話も弊店のを奪うように使っておきながらありがとうもいわなんだ。関係の保険屋も怒ってましたよ。くそじじいっていうんだろうなぁ。そう、くそ大臣も多いんじゃないだろうか、と、思うんです。

ここまでの画像は女将が撮ったものです。

この後鹿野町へ行って温泉に入ったんです。

わかるかなぁ?木々を渡る風の音を耳にしながら、雪が舞う冷たい空気の中ですっぽりと首まで露天風呂につかる贅沢さが。

日曜日そうだったんです。

そんなのすぐやれちゃう。

鳥取ってのはカネはないけどえらく贅沢が出来るところですよ。

ほんと、そう思うで。

外は雪が積もってて、雪かき車が大きな音立てて道路の雪をかいています。

土建屋の冬の収入にもなるわけです。

弊店は忙しく、午後9時なるも女将は未だ仕事しています。明日は注文品の発送ですが、これがまた、ごっつい量です。その準備が今日のしごとだったんですが、しかし、さらに違った仕事も引き受けたのは女将です。とにねぇ。まぁ、そうなんですよ。もったいないから引き受けちゃう。あとしんどいのにねぇ。

ふだんは土曜日休みのたおちゃんとパートの小谷さんに出てもらっての忙しい一日でした。

で、私は私で羊羹炊いてたんですが、流してすぐに気がついた。なんと、寒天の分量を間違えてた。紙に書いて計算しての、間違いなんです。救いようがない。体力が衰えると、脳みそも衰えるのかもしれない。

その後も別な間違いをしてるし、だもんで、仕事やめました。床掃除に切り替えて、きれいにしました。

 

でもって明日の日曜日も仕事です。でないと間に合わない。

あと二週間は続くのだ。

今テレビには「ダカーポ」が「宗谷岬」を歌ってる。この二人も歳とってます。ワシら夫婦もまた同じ。また行ってみたい宗谷岬です。そう、冬もいいかもしれない。

今日は去年の大晦日の日曜日に営業したのでその代休でした。だが、そうはいかぬもので、はは、仕事してましたよ。店は休みでもねぇ。

例年のごとく「おいり」が始まるし、いつもこの時期は大忙しなんですよ。だが、今年はさらに東京に12店舗を有するお店が発注してきたんです。これで三度目です。いやぁ、大変です。ワシ、体中が痛いで。どのように計画しても普通の日割りでは仕事が片付かない。だから次の日曜日は仕事だで。

先週初めの「ろっぽうやき」を焼いてから腰が痛い。腰痛はいまや持病だゎ。猫はいいなぁ、腰痛はないだろ。

今日、明日鹿野町の温泉へ行ければと思ってたが、どうもそうはいかない。

来週はより一層に頑張らねばならない。

猫の手を借りたい。とはよく言うが、役に立たぬ例えではあるだろう。だがながい間一緒に暮らしている飼い猫「もなか」が化け猫にでもなって、なんとか、手を貸してもらいたいものだ。

話は変わるが、今日「基礎英語2」を少しは勉強とばかりに、You Tubeを開こうとしたら、どうも削除されていた。7月分の教科書が途中なのになぁ。

だいたいNHKは日本のためにも無料で一年分を公開すればいいと思うで。うちげなんか二軒分の高いNHK受信料をずっと支払ってるで。

今日の午前10時過ぎ息子親子を鳥取空港まで送っていきました。大きな荷物も一緒で、このなかには鳥取の米が入ってるんです。はは、30キロです。ふつう持って帰る重さではない。だがこれが海外生活のストレスを幾分か減らすのでしょう。

ふむ、だとすれば、海外の生活者へ鳥取の米を販売することを考えてはどうなのか?

この米、大女将の実家から購入してる普通の米なんです。だが、誰もがおいしいと太鼓判を押します。ノーブランドなのにねぇ。鳥取人は商売が下手です。

さて、孫二人がこのリビングにもいなくなり、女将は、「さぁ、さみしいだが。」と言葉を云ってすこし沈んだ様子。

実際散らかっていた部屋がえらくすっきりとして、何か抜けたよう。

今、この時間息子家族は飛行機の中です。

なにやら不思議な気がします。

チャイルドギャングがいなくなって飼い猫「もなか」も安心しながら、なにか拍子抜けしたような、各部屋を見回りしています。

そして今日をもって我が家の正月は終わったのです。

もう普段とは違った行事は有りません。

残るのは少し広くなった空間と、そこに響くもなかの誰かを呼ぶような鳴声です。

明けましておめでとうございます。

前もっていっておきます。画像は以前のものです。

さて今日は元旦です。

大女将が骨折の後ずっと施設に入院していたのですが、本日退院の運びとなりました。

けっこう荷物も増えていて、車で二度通いました。

同じ施設に近所の元散髪屋さんも入っていて、歳の割にはけっこう元気そうに見送ってくれました。わが町内は古い町ゆえに年寄りばかりが目立つんです。

帰りにはさらにまた年寄りのところへ寄りました。女将の実家です。その母親も大女将とは似たような歳で、やはり動き辛そうにして、大女将と二人、何とか元気なのを喜んでいました。

年賀状も来てました。

こう、正月となると普段の時間間隔がおかしくなって、調子が狂ってる。そんな感じがあります。

さて、なんやかんやで遅くなりましたが、今夜やっとおとそと餅ををいただきます。

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ご案内

viagra