» 季節のブログ記事

カメラの前に生ものの紹介です。

今日作ったものです。

上用饅頭で、桔梗を表しました。井戸辺に桔梗が咲いているといった情景です。ま、なんで井戸辺か?と問われると、なんともです。きっと、そこに咲いた桔梗に「なんでここに咲いたのか?」と聞いても、答えはないのではないかと思うんです。それと、同じです。

そしてカメラです。

どうも壊れたようです。

とてもお世話になったカメラです。中古で買ったんですが、一眼レフに負けない画像でした。

近くは大阪回りで知覧、枕崎、鹿児島、長崎、佐世保、門司と次々と画像を捉えながら私の首にぶら下がっていました。

北海道礼文島にも行きました。青森大湊もそうです。よくぞここまでと思うくらい、よく働いてくれたのです。

まだ少しは工夫をすれば撮れますが、実用には向きません。

ほんと、よくぞ頑張ってくれました。

東シナ海でさらに発達して日本縦断をした台風18号でした。

枕崎からのテレビニュースでは、どうも、九州旅行で泊ったホテルの海が見える大きな部屋、そこで食事したのですが、どうもそこから画像を送っていたらしい。部屋から見えた景色が何度も出てきた。旅はしておくものです。

で、鳥取に来るぞと、その17日の朝空の様子にシャッターを押したのが上の画像です。だが、雲はあまり動いておらず、結果的には予報より遅れて夜に、風、雨が強くなりました。

で、鳥取では無茶苦茶な被害はなかったようです。県庁の裏の栗谷町で床下浸水と云ってたが、そのテレビ画像では、そうたいしたことではなさそうでした。

あくる日、

18日は敬老の日で営業は夕方5時までなんで、久しぶりに賀露海岸へ行ってみた。

と!?ごっついごみ!!!!ごみ!!ごみだで!

どうやら陸地から流されて来たような、萱のようなものが、さらには流木が溜まってる。いやぁ、びっくりですよ。豊かな海を望むなら、豊かな山が必要なんだゎ、と、そう思ったりしたんです。

あらためて、18号は嵐だったんだと思いました。

あ、そう、九州もすぐ近くの東シナ海でさらに台風が発達するなんて、ちょっと、怖い。温暖化が原因だとすれば、できるだけ車には乗らず、冬はストーブも使わず△□<%#△?。あぁ、現代人の私には無理かなぁ。

 

雨が降らない。これでは「おおちだに」の「宮池」も干上がってしまうんではないかと心配してる。日本の周りは水だらけだのにねぇ。

今朝の画像です。賀露海岸。雲なき賀露海岸です。

水だらけ、もっとも海水だが、だのに雲もない。

風もない。全くの凪。

鴨は暢気に泳いでた。

歩いていたら、以前にワシが落ちたときと同じような穴が開いてた。ひょっとしてこれもだれかが落ちたんではないかな。足跡がけっこうついているし、大きさもちょうどワシが落ちた時と同じくらいだ。

凪の海へ釣竿を伸ばしている人もいる。暢気かなぁ、この人は。

定刻通り朝7;05には東京便も動き出し、いつもと変わらない。

コメントはない。歩くうちに暑くなってきた。

雨は降りそうにない。

先ほど四代目が工場の排気窓を閉めたらなにか硬いものの落ちる音。

支えのネジが落ちたようだ。

久しぶりに二の丸へ行ってきたんです。朝の散歩です。まぁ千代川も飽きたし、ちょっとは変わったところがいい。そんな気分です。

IMG_0180

袋川の桜土手。

あれだけ咲いていた桜の花が、当たり前だが一個もない。桜花のトンネルが桜葉のトンネルになっている。

IMG_0183

ここもそうだで、お堀の周りにピンクの色がまったくない。

とはいえ、気持ちいいです。

IMG_0189

そして門。昔は若かった年寄りが一人立っている。

いや、歳のわりには若いばあさんだで。

IMG_0195

これは二の丸に上がる階段。昔クラブでよく走ったもんだ。

IMG_0197

二の丸の石垣の上からみると、鳥取の町はけっこう大きな街ですよ。

IMG_0200

マンションが目立つわなぁ。煙はふだん散歩してる千代川の中州にある製紙工場のものだが、方向感覚がおかしい。

IMG_0199

この二の丸から少しだけ西側をみると、この画像の中央の建物が西中で、弊店はそのすぐ左だが、これは見えん。昔から見えんかった。

IMG_0203

ところですぐ下に見える高校が我々夫婦が通ったところだが、これが、変わった。リニューアルしてる。

上記画像をクリックしてみてください。それが分かるから。

IMG_0209

見ると自転車小屋までなくなっている。

IMG_0210

さらには正面の橋もまだ通行止めになっているが、これはまだまだ改装しようってか?

以前から移転の話があるが、まだここにあるだけましかもしれない。

IMG_0207

久松山鳥取城跡の石垣もりっぱになってきた。鳥取城ってのはかなりの城だで。

よくもこれだけの石を積み上げたものですよ。

IMG_0221

そして帰りの道では日常の風景が見られるわけですよ。

端午の節句が過ぎて、いささか、より、少し多く暇になった。

忙しい時にはかなわんと思っていたが、暇になるとこれがまた、その暇が不満。間が持たないのだ。

いわば、どんな時にも不満なのだ。

貧乏性といえばわかりやすい。

DSC_0100

今日女将は抜歯した。奥歯だ。血がそうそう止まらない。

いやぁ、ワシは抜歯などしたくない。

DSC_0102話は変わる。

このまえの日曜日、賀露海岸に行ったんです。

海岸と鳥取空港のあいだにある松林で蝉が啼いてた。

その時はそう思った。

ほんとにそう思ったんです。

DSC_0103

実際後ろから歩く妹と女将に「蝉だで。」と言ったんです。

だが、待てよ。あまりにも早すぎる。

DSC_0017

今になって考えると、ありゃぁ、やはり羽をこすって音を発する虫、たとえばバッタなんかもしれない、と。考える。

DSC_0097

あれが、もし、蝉なら、NHKにでも知らせてやろう。

”地球温暖化、鳥取賀露海岸に蝉が啼く!”

と、テレビに出るかもしれない。

明日行って確認してこよう。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ご案内

viagra