» 波のブログ記事

シリアからの「難民」といわれる人たちがヨーロッパへ避難しようとするたくさんの人達、どうなるんでしょうか。

いつでも被害は庶民に色濃くかぶってきます。

金をとって逃し屋ってのがあるんだそうで、なんともです。

でもないよりいいかもしれない。

IMG_5826

ところで司馬遼太郎さんの対談集です。

まだ読んでる。少しづつ。なんどもこれら載せようと思ったのあるんですが、これがなかなか大変なんです。

まとまらない。

ま、でも、少々です。

IMG_5828

受験戦争という言葉を聞いたのはかなり前ですが、この言葉が無くなっても現状は変わらない。

で、そんな世界を通ってきた若者は、人生観がない。結局手近なお金とか、権力とかに憧れてしまう。

独創性など伸びっこないとある。

そうかとも思う。

IMG_5830

ちょっと残酷な話です。

生まれたばかりの子猫の目を縫うんだそうです。二時間。

で、これを開くようにするのですが、失明状態になるそうです。

光には反応して脳細胞には電気信号が流れているのですが、情報処理機能が発達しないのだそうです。

なんともです。その時期に適切な教育をあたえられないと、本来の機能が得られないということらしいです。

なんか怖い話です。

IMG_5835

で、さらに子猫を白い筒状の部屋に入れ、内側に縦線をひいておく。そこで育てた子猫は縦のものにはじゃれるが、横のものには興味を示さないそうなんです。

で、教育も時期を誤るとまったくこれと同じことになります。と、ある。

怖い話です。

過度な記憶力競争は、着想の能力や仮説をたてる喜びを失わせる。

と、まぁ、ワシはそこまで勉強なるものをしてないから、関係なかろうが、怖いで。

いやぁ、休みっていうのはよろしいものでございます。

IMG_4613

賀露の海にも、鹿野町の温泉、日帰り入浴の山紫苑ではだーれもいない貸し切りの最初の風呂でした。

途中インドの人かな?入って来て、とても遠慮がちに、はじめ体を洗い、浴槽には浅いところに入っただけで、首まで浸かっていた日本人の因幡の民である私には何も話しかけず、先に上がっていった。

山紫苑の浴衣を着てた。

スリッパをはいてなかったですよ。

IMG_4612

買い物もいろいろして、結局、あ、いや、10時前に配達が河原町にあったんだ。

それもちゃんと勤めましたです。

昼寝もしましたです。

IMG_4628 - コピー

だが、明日から一週間というものは、これが、超忙しいのだ。

このメタボの腹に鞭打って働くのだ。

どんどん寒くなってきました。

今週の初めだったか雪おこしも鳴りました。

光ってすぐにバーンと大きな雷が鳴った時、飼い猫の「もなか」はベッドの上に寝ていたのがびっくりして飛びはね、床へ落ちる様におりたものの、安全の場所を求めたのでしょう、扉の所へ行き、部屋から出るでもなしにその付近を居場所が無いようにきょろきょろしていました。

そして数日後、今日の朝は空をみると、どうも晴れだと思われ、賀露へ出かけたのです。

日ノ出はどんどん遅くなり、賀露海岸へ着いてもまだ朝日は顔をみせない。

だが、その海の色!

青空のもとで海の色は碧く、とてもきれいなものです。

それを期待して出向いたのですが、いやぁ、今日のその色はもっと魅力的でした。

やさしく穏やかで深みのある色彩でした。

「こんなのってカメラで撮っても色は出らへんで、絵描きが描いてもこんな色は出せれらへんわいゃ。」と言いながら車から降りました。

でもシャッターは押しましたよ。

DSC_0001

今日のブログは一枚だけです。

そのものの色は無理ながらも、普段と違うその感じはちょっと出ています。

大女将の骨粗しょう症の看病で数日鳥取へいた神戸の妹が帰ったのですが、もう一日こちらへ居ればよかったのにと思う。

そうすれば、この海を見ることができたわけです。

まだある。

空気が澄んでいたのでしょう。

「あ、大山が見える!」女将が叫びました。

なんと、西日本一の秀峰「大山」が見えたんです。

100キロくらい遠くの山です。

えらい得した感じです。

DSC_0033

画像をクリックしてくださいね。

左ちょっと上に見えます。冠雪の大山です。

朝日の中の東京便を見て帰ったのですが、予想もなく得したで、といった今日の朝でした。

DSC_0054

明日はどうだろうかな?

今夜の月も丸くはっきりと輝いています。

空気が澄んでるんでしょう。

もっとも雲にも隠れながらですけど。

同じく空気が澄んでいるときの波です。

IMG_7783

画像をクリックしてください。大きくなって臨場感が増します。

もっとも波に興味がない人にはまったく面白くない画像です。

そういう人にはごめんなさいです。

IMG_7784

なんか表情があると思いません?

すぐ近くの渚のものとは違うんですよ。

IMG_7787

こう、海自体が世の中とたとえると、白波は有名人といいますか、世の中を土台に浮き上がった目立った存在です。

海のたくさんの海水がないと白波もたちようがない。

IMG_7788

白波は次々と新しく生まれて消えていきますが、碧い海、海水は永遠に目の前にあるんですよ。

地球のエネルギーの現れです。

なんてことない日かもしれない。

全国的に休日で、文化の日。

文化勲章を私はもらえなかった。

まず天皇陛下に記念品を渡すのに、総理大臣が渡すんですねぇ。

そして陛下からその受賞者に渡すわけです。

受賞者はもちろん緊張しているんですが、安倍総理もその所作からすごく真面目な人だと思いました。

IMG_8148

同じ日私は鳥取市菓子製造組合員のおかあさんが亡くなったというのでその葬式に行ってきました。

なんていうのか?

その息子、さらにその子供、順番に恋もし、子供も養い、こう,そう、めぐるんですねぇ。

IMG_8149

久しぶりの会った知り合いもありました。

はは、歳とってた。

私も同じく歳とってるんでしょうねぇ。

IMG_8150

さらに大女将が骨粗鬆症なもんで一時帰っていた妹も鳥取から現住所の神戸へ帰っていきました。

IMG_8151

えらいもんで、順番に神戸から妹二人が帰ってくると話し相手がいるせいかよう喋り、元気になってきました。

さきほど「明日から店にでようか?」などと言ってた。

もちろんまだ駄目だと言いましたがね。

IMG_8152

四代目は朝からJC(日本青年会議所)での催しでどっかへ行ってる。

IMG_8153

で、また、明日は「因幡のくりまんじゅう」を力を合わせて作ります。

おぅ!

IMG_8160

そんな一日でした。

IMG_8163

おわり。

いや、小笠原、伊豆諸島付近の中国漁船はなんなんだ?

単純にサンゴをとりに来ているんではなかろうと思う。

戦争はいかんが、そのぶん、外務省には頑張っていただきたい。

我々もこれがどういうことなのか、のほほんとしてはいけんと思うで。

なぁ。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra