» 賀露の海のブログ記事

なにがなんだか、えらく速い一週間でした。

3日の日曜日女将の父親を見舞いに行ったんです。女将、四代目と私。

見た印象は95歳とはいえど、まだまだ元気だと思ってたんです。実際本人が食事をしてた。

そしてまだ暗い翌日の朝、階下の電話が鳴りました。そして鳴りやまない。その不吉な予想は残念ながら当たっていました。

「え!?息がとまったあぁ!」というせっぱつまった女将の声が聞こえました。

すぐに病院へ連れて行きました。

だめだったと分かったのはすぐ後でした。

そのあとは仕事もあるし、葬儀のこともあるし、てんてこ舞いといった感じかな。

葬儀は無事に済みました。

十数年会ってなかった親類の人たちにも会いました。

我が家では海外から長男と孫たちも帰ってきました。

一生懸命に生きた女将の父でした。皆に慕われていたのです。

女将は、その集まったみんなの様子に、いい葬式だったと何度も言ってます。さらに、お母さんが心配で実家へ今日も様子を見に通っています。

今日は第二土曜日で店は明日も含めて二連休です。孫たちは今日の朝帰っていきました。

そんな一週間。

今日の休日は、あっという間に終わり、ウイスキーの時間となりまして、ブログも記しています。

そんな今日、なんと、みぞれが、霰が、それと同時に雪起こし!

毎年のことながら、冬の到来の印です。

あっという間の夏からここまでの数カ月でありました。先週というか、昨日の土曜日にもパートさんに来てもらって仕事片付けていたんです。

くたびれたわなぁ。

それと、ワシの誕生日にもらったスコッチを少し飲んでみた。

と、なんとウイスキーに違いないが、覚えがないほどのいいものでした。

試しに久しぶりにストレートで少し飲んでみた。

身体に溶けていく自然さ、が、ありました。

これを作ったスコットランドの職人はすごいと思う。

あいかわらず忙しく、困っています。そんな中大女将がリハビリで入所してるところに女将は通い、その洗濯物にも、その他にも煩わされながら負けずに頑張っています。明日からはその忙しさもかなり厳しさが増しそうです。でも、負けない。

ところで今日はG寺の掲示板ではなくルーズベルトの言葉です。

ルーズベルトってのはアメリカの大統領ですが、今回のはセオドア・ルーズベルトです。フランクリン・ルーズベルトではないのです。

太平洋戦争が始まったときのはフランクリン・ルーズベルトで、日露戦争の仲介をして1906年にノーベル平和賞を受賞したむかし、むかしの人がセオドア・ルーズベルトです。この人の言葉が結構いい。

「今いるところで 今持っているもので あなたが出来ることをやりなさい。」

これって、それしかやれんわなぁ。無理をすれば足をさらわれる。

さらに

「決断のときに あなたが出来る最良のことは 正しいことである。

最悪なことは 何もしないことである。」

もっとある。

「長期的にみれば 品性が個人の人生や国家の盛衰においても最も決定的要因である。」

これはもちろんブランド品を身に着けているからと、そんなことではない。その中身のその人のことだで。

なんていうか、アメリカ大統領なんていうと、超困ったこともあったにちがいない。そんな人が残した言葉ですよ。

同じ共和党でも最近日本へ来た大統領とは違うような気がします。

 

私、だいたい夏からこっちというもの元気がない。散歩もしてない。さらには腰痛から毎日やっていたストレッチもやってない。原因は?簡単ですよ。疲れ。加えて歳?まぁ、その他もいろいろ否定は出来んわなぁ。

そうそう、血圧手帳なんだが、改めて見たら、135と85のところにはっきりと太い線が引いてあった。どうも血圧症よりも頭を診療してもらったほうがいいのかもしれない。

ま、しかし、今日も頑張った。そう思う。これって頑張らなければ酒も美味くない。できる仕事がないなんて充実感が湧かないだろう。あ、これは別に金かせぐのが仕事とはいってない。

こう、自分でどれほどの将来の姿を描けるか、なんてのがけっこう勝負に繋がるかもしれない。

あまり大きくてもいけないが、小さくてもいけない。

わし、どうだったんだろ?

いろいろ足りてない気がする。

ま、ええか。こんなもんかとも思う。

話題は変わるが、最後の画像をクリックしてみていただきたい。

東京便がうつってるから。

 

久しぶりにN先生の歌が載っていました。昨日の鳥取版です。

あ、N先生っていうのは、高校時代のクラブの顧問でもあり、三年の時には担任でもありました。そうです、お世話を掛けたのです。

「猪おどし鳴るを聞きつつお点前を君と味はう詩仙堂の朝」

失礼ながら、こう、歳とると、昔のよき思い出を思い出すのかもしれない。と、いうことはたくさんの思い出を持っている方が豊かなのかもしれない。

と、いうことは、わしも行ってみるかな丈山寺。

ついでと云ってはなんだが、同時に載っていた短歌を記す。鳥取歌壇という定期的にやっているものです。

仏壇の酒の減らぬを寂しめば蓋を開けよと子のアドバイス

なんかこれもいいですねぇ。

気がつけば、あっという間にもうすぐ10月ですよ。なんとも早すぎです。

思うに我々健康に気をつけましょう。そうでない人は早く治癒できるように気張りましょう。笑いましょう。じめじめしていたら治るものも治らない。だから笑いましょう。笑えば病気なんて治りますって。

まぁ、血圧は下がらんけどなぁ。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra