五日の日曜日久しぶりに鳥取県立博物館へ行ってきました。

今年はエネルギー不足にて、散歩もせず、海岸にも出ず、死にかけのジジイみたいな日々を送ってるので、これではいかんと、行ってきた。博物館へ。

天気がいいので、けっこうな人出。人は緑を求めます。久松山付近は気持ちいい。

「池田光政展」です。そういやぁ、この展覧会の街中ポスターを知り合いがデザインしていたが、そうか、と、いうことは、画像の看板の制作者もそうかもしれない。だいたい「白」が多いのが特長だで。

いやぁ、中にはたくさんの資料が陳列してありました。

だから、見てきたんです。

さて、外へ出ると

なんだか兎がいるんです。そばにいたどうも関係者だろう人に問うたんです。

「なんなんですか?この兎は?」と聞くと

「兎です。」との答え。

「あぁ、白兎ですか?」

「いや、あの白兎ではありません。」

となると、ようわからんわけで、わからんままで

「写真撮ってもいいですか?」と問うと。

「はい、どうぞ。」

女将を隣に立たせて撮ろうとすると

「私もはいろう!」と関係者らしい女の子が勝手に兎の隣に来て、ピースサインをしてる。

妙になれなれしい。

未だに何の兎なのかワシは分かってない。

ま、気持ちのいい天気だったし、いい時間です。でも休日というのはあっという間に終わりますね。残念ながらいつものことですよ。

そういやぁ、先回か?ニミッツさんのことで東郷平八郎の名前を上げましたが、今日のブログでの博物館。そのすぐ目の前にある「仁風閣」という白い洋館の名付け親はこの東郷さんですよ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra