池袋にもなんと人の多いことか。夜の7:30pm頃なんだけど、この人たちはどこに行くんだろうかと思う。ましてやトイレに行っても列が出来ているんで、これってトイレ使用税を取れば一つの財源になるかもしれない。だが、政治家の間で利権の取り合いになるかもしれない。臭い話だ。

東京駅着が8時ごろかな。どこかで食事しなけりゃならない。で、東京駅の地下街を歩ってみたんです。なんせ鳥取には地下街なんてないもので、とにかく看板を頼りに、さらには蝋細工の見本を頼りに探して、一軒の居酒屋と食堂が一緒になったような店へ。

二人ともまず”トリアエズビール”ですって。

これで結構腹がふくれちゃいました。

で、この夜は「サンライズ瀬戸・出雲」に乗るんですが、車内販売はないので、しっかりと腹ごしらへをしたんです。

東京駅出発が10:00pmジャストなので、まだ時間がある。で、すこし余裕もできて地下街を少々ブラブラですよ。

すると「鬼太郎」がいましたよ。個人的には妖怪は好きではないけど、東京駅のエリアで鳥取に由来するものを発見するのはうれしいもんです。

そして夜の東京駅を見たくなった。明るい時の東京駅は見たんです。だが、夜のはまだ見たことがない。きっと奇麗かなと思ったんです。

で、案内表示にそって、いや、沿ったつもりで二人してあるいたんです。

「ありゃぁ丸の内側だで。」「そうだでなぁ。」と言いながら歩きました。そしてここらでもう地上に出てもいいんじゃない?と階段を上がったんですが。なんぼ東京駅がでかいといっても、どうも、歩きすぎたみたいで、東京駅の「と」の字も見えたもんじゃない。

だが、そんなに外れてはいないはず。

よく目をこらすと「大手町」の地下鉄駅か?見える。そして「東京駅」の標識も見える。田舎者には親切な標識ですって。

そして角を曲がると東京駅のレンガが少し見えた。

おぅ!こっちだと歩きましたって。

道路を横切らねばならないが、オッ、信号も青だがなぁ。小走りに横断歩道を超えました。その時にはしっかりと東京駅の姿が目に入ります。

と、目の前に、あ、これって、バス乗り場。高速バス乗り場ですよ。もう9:00pm頃じゃないかと思うんですが、たくさんの人々。それも、どうも若い人が多いみたい。

東京ってのは何という街なのでしょう?まぁ、鳥取に住んでいるのが基本になっているんで、でも東京に住む多くの人は地方出身者であるはず。地方を大切にしてほしい。故郷を大切にしてほしい。東京というのは地方の水に浮かぶ浮き草のような街ではないかと思うんです。東京の財政規模は小国の国家財政を超えるなんて言ってますが、その危うさを考えると、これはうぬぼれですって。はは、言い過ぎかな?

で、東京駅の夜姿を見ることができました。

つづく。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ご案内