九日の深夜ですよ。私の携帯、ガラケイが手の届かぬ机の上でボーッ、ボーッ。と震えて鳴り出した。真っ暗な中ですよ。「誰だいや?こんな夜中に?ほんにええ加減にせいよ。あ、それとも身内になんかあったのか?」急ぐも真っ暗。スタンド点けて、ベッドから体を起こし、携帯探し、手に取って、開こうとすると、、、、「ボーッ」、が鳴り終わった。「なんだよ、もっと電話し続けんかい!」と開いた携帯を閉じたら、すぐにガタガタと揺れだした。

 

「オゥ!地震だがないや。え?揺れとるがな?まさかこれ以上の揺れはないだろうなぁ。」などと思っていると、とりあえず揺れは止まった。

見れば椅子の上に寝ていた飼い猫「もなか」も掛けていたジャージを顔を見えるだけはねのけて、こちらを見ている。

すぐに手元にあるテレビのスイッチを手に取って、テレビ点けたんです。なんか番組をやってたが、地震の事はまだやってない。文字で地震があったと出てきた。

それによると01;32頃地震があったとのこと。後震源地は島根県大田市とのことでした。一度ここの大森町を歩いたことがあるんです。江戸時代の建物も残ってた。

まぁ、鳥取は大丈夫だろうと、寝かけた。そしたらまた揺れた。揺れ戻しかと思ったが、ま、大丈夫だろうと、隣の部屋に寝ている女将のところへはいかなかった。

この前日は日曜日で、しっかり昼寝もし、賀露海岸にも行き、午後7時前には風呂も沸かし、さらには風呂からあがると晩酌もし、夜のディナー(?)も食べて、日曜日の小さな幸せを味わってたんですよ。

ただし、「好事魔多し」というのか、頭の隅になんかなぁ?不安?ええことばかりは続かんぞ、と、そんな言葉というのか、もやもやとあったんです。

具体的なのは、地震とかでそのユッタリジカンが打ち砕かれるようなそんな想像映像です。

地震ほど我々にとってどうしようもない自然現象はないもんですよ。

ま、でも、鳥取は震度3でした。

大田市は震度5強だとのこと。被害も出てる。でもボランティアの受け入れの準備もしてるとのこと。日本にはいい人がたくさんいるのだ。

(画像少し白黒にしました。どうでしょう?)

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ご案内