昨日熱帯夜だそうな、ええかげんにせえよ!

昼は36度を越えるし、なんだっちゅうだいや!

あっつーーー!

さて、肌寒かったオランダです。

アムステルダムです。

ゴッホ美術館に向かう。

車でホテルをでて、なんか、スポーツセンターみたいなところのパーキングに止めて、歩って路面電車の停留所。

その途中の水門。

ちいさなパナマ運河ですよ。

水面の高さを調節してる。

人々はみな長袖の上着を着ているんです。

鳥取の暑さがオランダへいるときには信じられない。

広島の路面電車には乗ったが、オランダでは初めて。

切符もまったくわからん。

なんかかっこいいんですよ。

デザインが。

まあ、鳥取に走らせるのは無理だわなぁ。

美術館の4階か?5階か?ベランダの外へ出て撮ったアムステルダム。

ここでの写真は2枚だけ。

昨日ブログで書きましたが、グーグルで内部の絵は見てください。

二時間ほどか絵を見て、土産を買って。

息子のぶらさげてる袋が土産。

ゴッホのあのひまわりの絵が使われてる。

これでゴッホの本物の絵を見るのは二度目ですがなんで数億円にもなるのかわからん。

まあ、自分の耳を切ったり、最後に銃で自殺。

きっと絵の奥深く生きる者にとって燃えるような魅力と暗さがあるのかもしれないが、、ようわからん。

見学者はたくさん来てた。

また路面電車で逆コース。

画像のようなテラスがよくある。

ほら、もう空が曇ってる。

よく変わる空ですで。

女心とオランダの空か。

路面電車の入り口。

画像の上下のちょうど真ん中あたり、ここに切符をふれるとピット音が鳴って、チェックイン?

降りるときには降り口からやはりピッとやってから降ります。

ただ、なかにはおじさんがワクというか小さな部屋というか、そこに座っていて切符を販売していました。

でも車掌といったふぜいじゃない。

制服じゃないんです。どうも。無精ひげもあったしなぁ。

で、車を止めたスポーツセンターのようなところへ帰ってきて、そこで昼食です。

また、サンドイッチにした。

女将と息子はなんだ、パスタとチーズとホワイトソースが固まりになったものと、息子は肉とチーズがやはり固まりとなったもの。

名前はしらん。

カフェオレを頼んだが、ジュースにしとけばよかった。

パンがもそもそしてるので、味は悪くはないがどうも水分が足りない。

さらに、でかい。

それでも若い女の子が、ペロリと食べる。

体が大きいといってもなぁ。

日本人とは違う。

この画像、なんとゴミの収集車。

ぶら下げてるのがゴミ箱。

普段地面の上に出てるのが二段になってるうえの小さい部分で、これをブーーーンンと引っ掛けて上へ上げると下のでかい箱が付いて出てくる。

リモコンで右のおじさんが操作してるんですが、車の上へくるとごみ箱の底が開いて雨もごみもいっしょにドサーっと落ちるんです。

初めて見たし、びっくりしたわい。

そのセンターにあるベルトなんかを売ってる店のショウウインドだけど、どうも感覚が違う。

まあ、クリックして下さい。大きくなるから。

駐車料金払ってるところ。

言葉がわからないとどうしようもないわ。

日本の商品を、たとえば今回はインスタントラーメン買うんですが、色々売ってる店があるんです。

高いけども、いいんじゃない?

レジには日本人の顔したおじさんが日本語‥‥→

ここで、飼い猫「もなか」がやっつけられてるようなフウギャオ!ギャオ、フギャア!と声、音。すぐに女将と私は外へ飛び出した。

弱いくせにもなかは外に出たがるんです。

もなかは家のリビングの近くにいたが追われて母屋の裏のほうへ、そのどらねこを今度は私が追って道路へ。

だが結局またもなかは追われて塀の上へ逃げ、またしてもどらを石投げてぼうたが(追っ払ったが)、馬鹿なもなかはまだ家へ入って来ない。

←‥‥おじさんです、日本語の。

やせて、でもやさしそうな感じ。

きっといろんな歴史があるんでしょう。

この店ありがたいです。

豆腐もあったし、日本のビールも小瓶でおいてありました。

さあ、次に向かうのがユトレヒト。

空は青空よく変わる。

あれですよ、オランダは、自転車、風車、チーズの国と考えていましたが、、、どっこい!

この道路見てください。

100~150キロくらいで走ってる。

考えたらそれもそのはずで、隣はドイツ。

アウトバーンがある国です。

その道路がオランダの道路と繋がっているんです。

イメージとは違う。

道路の横にはこんな緑の眺めは多い。

牛が放牧してある。放牧だで、ゆったりと。

馬が放牧してあるところもあった。

羊もあった。

でも牛がいちばん多いです。

人間はなかった。

ユトレヒトの町が近くなりました。

信号機が交差点手前にあるんです。

年寄りが多いのかな、見やすい。

先々日本もこうしたらいいかと、思う。

ここも歴史のある街です。

これはバスの停留所。

石造りてのは永く残る。

どれもこれも、石とレンガだわい。

数百年前の建物です。

ここはいいですよ。

つづく。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ご案内