» 和菓子教室のブログ記事

 今日は師走の土曜日。仕事は去年よりもいまのところ、せっぱつまってない。と、思う。ただし我々は去年より一年歳とってる。さらに、今年は老々介護に加えて女将の父親の葬儀もあった。去年より比べると仕事上少し余裕があって幸いした、というとこですよ。

急遽個人的な年賀状は中止で、年賀用切手は返品というか、女将はそうしたのに違いない。そして「喪中につき云々」の葉書を急ぎ出した。

でも、店の年賀状は出さねばならないだろう。で、いつものように文章を載せねばならないと、頭をひねるが、どうも、いけん。

和菓子教室も中止したのに、その葉書も未だ出してない。

なにか、ごっついたいぎいのだ。

去年に比べると、朝の散歩もしない。そうだ、風呂上がりのスクワットもやってない。なんか余裕がない。

ちょっと待て・・・・。

これは、この今日の書き方は、泣き言ではないか!

気を変えよう。

昨日も店に顔を見せたがジャマイカから来てる若い女性英語教師。すぐ近くの西中、そして、醇風小学校でも教えてるというのだが、この若い教師と少し知り合いになっている。

ひょっとして、ワシ Englishをspeak できるようになるかもしれない。

 

先週土曜日、和菓子教室をしました。生徒さんは10人。題材は「水ようかん」と「かたくり餅」です。

「水ようかん」は分かるとして、「かたくり餅」は聞きなれないと思います。普通わらび餅ですよ。だけどわらび粉ってのは価格が高いんです。だから安価でわらび餅とはよく似てて、簡単に作れる「かたくり餅」にしたんです。

かたくりの澱粉を乾かしたものが片栗粉だと思うでしょう?たいてい違うんですよ。原料表示を見てください。原料にじゃがいもと書いてある。そう、たいていじゃがいもの澱粉なんです。だったら今回の餅は「じゃがいも餅」としなければならないかもしれない。

ま、とにかく「水ようかん」も「かたくり餅」もおいしいものができました。

もっと早くブログへ載せようと思ってたんです。

画像をクリックしてください。大きくなりますし、一度保存して印刷もできます。

昨日は弊店の和菓子教室だったんです。

IMG_1312

お、その前に「ふまんじゅう」の案内です。158円です。

この笹は毎年弊店で採ってきたものです。今年は女将が虫にさされて腕のところが腫れたんです。

この笹をさらにちゃんと処理して一年分を冷凍しています。

笹一枚にもけっこう苦労がしみてるかもしれない。

IMG_1321

さて教室です。水ようかんと練り切りで4種類の花を作りました。

IMG_1316

参加人員は、なんと、4人。4人でっせ。前代未聞。過去最少の人員でした。

まぁ、たいてい母娘での参加が多いのですが、その娘さんも大きくなり、小学校が高校生。そうなると、忙しいんですよ。

いろんな行事があるし、第一クラブがあるわなぁ。

IMG_1325

人数が少ないと予定が早く進むこと、進むこと。結局時間があまり、余分に花を作ってしまいました。

IMG_1331

今年の冬の教室には、ふ~む、なにか策をこうじねばと考えているわけですよ。

IMG_1332

ま、しかし、おいしい水ようかんができました。

そうそう、旭川のMさんから「ふらの産メロン」が送られてきた。

そう、5月に自作のキャンピングカーで来られた、さらに40年前の北海道でお世話になったMさんですよ。

いやぁ、恐縮です。

どんな予定もそうなんですが、まだまだ日にちがあるぞと思っているとその日は駆け足でやってくるものです。

DSC_0002

今日もそうです。

かなり前から予定されてた和菓子教室です。あっというまに今日になりました。

天気は悪かった。

DSC_0012

8名の生徒さんを迎えて2時間みっちりと授業です。

DSC_0014

人一人一人はそれぞれに得意のものもあれば、そうでないものもあります。

まぁ、和菓子を作れるなんてのはそうそう思わないのです。

DSC_0016

ところが、やってみれば、これが出来ちゃう。

出来ちゃえば喜んじゃう。

そして楽しくなっちゃう。

家族に見せたくなっちゃう。

DSC_0017

家族で、お母さんが作った和菓子をみんなで食べるんです。

たぶん賑やかに食べる。

DSC_0020

精神衛生上にはとてもいい作用を及ぼすんではないかと思います。

DSC_0021

少し甘くて幸せな和菓子作りでした。

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ご案内

viagra