» 列車のブログ記事

ずっと背中が痛い。そうサンライズ瀬戸に乗って、ひねくれるように揺れたのが原因か。いや、やはり仕事のし過ぎだゎ。実際朝は楽なんです。以前に「ダルゴッシ・セナダール」なんてフランス語風冗談言いながら、それでも頑張っていたものが、これが、もう効かなくなってきているんじゃないかと、そんな感じもある。おいりを混ぜるなんて絶対にできない。で、今日の日曜日に癒すために「温泉」だ、とばかりに鹿野町に行ってきた。

ただし、その前に河原町の得意先にまず配達。さらに円山町にも配達。そして鹿野町です。途中消防署があるんで、これもランドマークだわなぁ。

今日は降雨確率0パーセントのいい天気。そうなぁ、春のすこし霞んだ青空でした。雪から解放されたほんのりといい天気でした。

途中久しぶりに白兎の道の駅へ寄って、トイレ。すっきりして、西へと走りました。日光のところで左を向いてもその池には白鳥も鴨も見えませんでした。もうシベリアあたりへ帰ったんでしょう。大変な旅です。北帰行だで。

いつもは山の中の道を行くんですが、今回は海岸の道を、9号線を行ったんです。浜村の町を通って左へハンドルきると、踏切のバーが下がってた。さらに目の前にパトカーが停まってる。

今日は露天風呂じゃなく天井がある温泉なのに、やはり晴れの日は、ここも気持ちがいい。春だからかな?・・・陽が差し込んでその光が浴槽の底まで届いてる。奇麗な温泉の湯がさらに奇麗に見える。そこに首までつかるわけで、こんな時間を一人占めなんて、贅沢そのものです。

風呂から見える甍も個々に光って春を演出してました。だが、鷲峯山は少々霞んでとまどっていたようです。

その後、野菜を販売してるいつものところに行きましたが、あまりなかった。でもこの時期にしか見ない淡い黄緑の「ふきのとう」が並んでいました。

そして帰ってきたんです。その後背中の事を考えてどこにも出かけず、ひたすら静かに「静養」しておりました。

明日から、また、頑張る。

いろんな商品の在庫がないのだ。

埼玉に行く予定だったんです。が、昨日の午前中に息子の嫁から電話があった。嫁の父の体調が悪いとのこと。そりゃあ「妻」という相棒を亡くしたんだから、疲れが出たんだろうと思う。私の前でも「赤い糸で結ばれてる。」と言っていた夫婦でした。かなりなショックだったと思う。

すぐに切符のキャンセルに行ってきました。とても寒い空気の中、向かい風で、えらかった(しんどかった)。

今度は二月に行こうと思う。キャンセルした切符代も旅行社へ預けたままです。また、サンライズ出雲を予定してます。

話は変わります。

カメラ買ったのはこのブログで触れました。

で、買ったはいいが、Wi-Fiでパソコンに画像を入力できない。これは最初「そんなの簡単ですよ。」と言っていた店舗補佐たおちゃんも挑戦したるもダメで、四代目もダメだった。

今日一日かかって、アナログ的に線を繋ぐことにより、なんとかなった。

ひょっとして、先だっての、ワシの基本的なアプリ入力が違っているのかも、ふふっ、いるのかも?しれない。

いずれにしても年寄りはデジカメは買うな!フィイルムカメラを使えという神の知らせかもしれない。

写真撮ったのはけっこう早い頃だったんです。

だが、今月も今日で25日になってる。

IMG_9155

「最大のライバルは自分自身」だと。

まぁ、反対はしない。

克己っていうことだでなぁ。

IMG_9193

一週間ほど前に月に一度の診察に行ったんです。血圧ですよ。で、ずっと痩せるように言われてた。

この前なんか、いけませんねぇ、などとも言われてたんです。

だもんで、私はがんばった。苦節一か月。昼の食事も半分にして、そうだ、ビールもやめた。

IMG_9195

その結果、いやぁ、2キロくらいは痩せた。そして血圧も少々下がった。

初めて主治医に褒められた。

IMG_9203

これが 最大のライバルは自分自身である  なんだで。

はは、自分に勝ったのだ。

だが、医者は言っていた。

油断するとすぐにもどりますから気をつけて下さい。と。どうももどる患者が多いらしい。

ワシは、今はまだ大丈夫だ。

静かになりました。うそのように静か。

また老人三人と猫一匹の生活です。

先日の日曜日トロッコ列車に載ってきました。これは、また載せます。

IMG_7615

盆前で忙しくなってきました。

だが今日は検診です。いろいろな検査です。特に胃カメラです。

こんな時、なんか不安なもんです。

昨日の朝の散歩です。

いつもの千代川河川敷へ出かけて行ったんです。

カメラは、あまりシャッター押すことないだろうと、一番簡単な、いや、愛用のものをぶら下げてでかけたんです。

「そんな時に限ってええもんが(撮る被写体)があるでなぁ。」

と冗談言いながら出かけたわけです。

案の定でした。

IMG_0253

霧ですよ。霧!

ここまでの霧は無いですよ。今まで。

IMG_0274

ものすごく見なれた風景も霧という一つの要素が変わっただけで、なんともまったく違ったものになってしまいます。

私たちの生活もそうなんですよねぇ。

けっこう、あたりまえの状況というのは幸せだったりします。

あ、この霧は普段変わらぬ風景に変化を与えてくれたんです。

IMG_0276

眺めが違う。

IMG_0279

空に輝く、?、いや、輝いてない太陽です。

IMG_0284

そして、月ではなく、太陽の、因幡のETなんです。

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ご案内