» 昔のことのブログ記事

いつだったか?新聞の鳥取歌壇に、いつものように載っているN先生の短歌が載ってなかったんです。

なんせ歳ですから、心配してたんですよ。あ、そうそう、N先生というのは高校のころにクラブの顧問をしていただいた、世話になった先生です。体弱ってるんです。

IMG_9443

で、昨日新聞を開くと、歌壇が載ってた。まずN先生の名前を探したんです。歌より先に。

そしたらありましたね。元気なんですよ。それ、載せておきます。

新雪を踏めば サクサク鳴る朝(あした) かくさはやかに ありたし余生

ですよ。

うまいじゃないですか。それから別な人の、こんなのもあった。

部活終え 帰る途中で雨になる みぞれまじりの 一月の雨

これも存在感がありますよね。これって作者は中学生だってや。なんともです。

IMG_9444

ところで、以前胃を摘出したと書いたHさんが昨日来たんです。で、抗がん剤を飲まなくていいとのこと。切り取った胃を調べたところ、ステージが3だったところが、1.5になったとのことでした。明るい顔でありました。

IMG_9436

さらに今日の夕方。これもここへ載せました。クモ膜下出血で倒れていて、一時は命も危ぶまれていたMさんがご夫婦で来店されました。びっくりしましたねぇ。ほんとにしゃべれる、歩ける、食べれる。

はは、元気なんですよ。IMG_9437

病気はよくない。これまでなんどか弊店も経験がありますが、一家に病人がでると、商売もさておいて、病人を中心の生活となります。売り上げも落ちたままになりますし、いろんなことが停滞し大変ですよ。IMG_9441

ま、でも我々夫婦は病院の世話にならずに、これまでやって来た。いやいや、結婚前はワシ長い間入院してたけど、その後はなにを食べてもおいしく、その結果腹が出るほどに太り、見かけは元気なんです。

いや、中身も、まぁ、大丈夫かな。

はい。

 

 

野球人の大スター清原が覚せい剤で捕まったと、朝見る民放は一色です。

子供たちの夢みたいなものを崩すのかもしれない。

清原の子供には確実に影響するだろう。

後悔しても遅い。

立ち直ってなんらかの姿をあらわせられるか、どうなのか?そうせにゃぁいけんで。

大変な事だろう。

それとは真逆にいい話です。

IMG_0654

(ななかまど。現在実はない。)

3日の新聞に載ってたものです。

鳥取市気高町勝見にモルタルマジックという会社があるんです。

浜村の駅からも近いところです。

この会社が、なんとJAXAと研究を始めるとあるんです。

宇宙航空研究開発機構ですで。ねぇ。

もともと鳥取砂丘の近くの砂を固めてモアイ像を作ってたんです。

当時ネット上で1週間に1000個以上だったかな、売れたりしたんです。

で、この砂を固める接着材をこの社長が開発してたんで、将来火星とかに建築物を作るときに現地の砂とかを固めて資材と出来ないか、と、こんな論文が採用されたようです。

はは、快挙ですわい。

この池原社長はかって鹿野町にある、このブログでなんども載ってる「牛小屋」にもなんどかやって来て、また、「クラフト in 八頭」にも店を出してたその社長ですよ。

IMG_0667

その他の集まりでもあったことがあるんです。

面白いですねぇ。

IMG_0673

それと同じ日の同じ新聞に、私が高校の頃にクラブでお世話になった先生の和歌が載っていました。

青森のインターハイに一緒に行った先生ですよ。

酒を好きな先生で、でも試合が終わるまで飲まれなかった。

帰りの十和田湖では美味そうに飲んでた。

歳をとられて去年だったかな、年賀状は遠慮するとの言葉がありました。

我々の世話をしても黙ってた先生ですよ。

その和歌です。

「妻となり母となりまた今は祖母 駆け足でゆく娘の一生」

とある。

IMG_0674

そうだよなぁ。我々もそうだよ。妹たちもそうだで。

わしは祖父、女将は祖母、妹も祖母ですよ。

この先生には世話になってる。

パソコンにしまっている画像がたくさんになり、DVDへ移したのです。

日曜日のことです。

まぁ、毎日の画像がたまってるんで、それをちょっと見ながら移したんです。

で、今日はそれということもない日ですので、いや、違う、気がつかぬが、何かがあったと思うんですが、しかし、引っ掛かりの無い日だったので、その時の画像を、数か月前のものをちょっと載せたいと思うんです。

IMG_4278

7月24日の画像です。

暑かったんだと、そう感じる。

IMG_9806

散歩の定番道、千代川河川敷へ行く途中のところなんですが、畑だったところです。

分譲地に変わっていくようです。

購入する人は夢を持って家を建てるんでしょう。

地味な畑が分譲地です。

IMG_9807

いつも渡る分譲地の上にかかる橋です。

IMG_9809

ほらね、にじのかけはしを渡ると河川敷。

IMG_9810

そして青空。

IMG_9811

そして2か月半ほど若い女将ですよ。

IMG_9813

列車が通ればシャッターを押す、これは「スーパーいなば」だ。

岡山行ですよ。

IMG_9818

ヤマノイモ?里芋?どっちかだで。

IMG_9820

これは7月25日の画像ですよ。

久松山への散歩です。

コスモスが咲きかけたころですねぇ。

IMG_9823

県住です。

IMG_9824

仁風閣です。

少し傾いているのは、シャッター押すとくせで少し傾くんです。

IMG_9827

これはどこなのか?わからない。

こんなかっこうで日は過ぎていくのです。どうも‥。

7月の2日間のことでした。

48年前、そう、高校の頃ですよ。

IMG_2159

運動神経がダメな私がインターハイへ出場しました。

大湊湾でした。

下北半島の陸奥湾のところ。

IMG_2164

鳥取から1500キロ余りの距離です。

その昔は上野で乗り換えて夜汽車で行きました。

IMG_2161

リクラインシートなんてない4人掛けの、あの、直立した背もたれの列車だったと思います。

夏、8月の初めだったと記憶しています。

IMG_2166

オールもチッキで運んだかもしれない。

あ、チッキというのは、たしか、乗車券がいるんですが、列車で荷物を運ぶことができました。

あぁ、ボート部だったんです。

IMG_2177

この時一緒に行ったのが、N先生と6人でした。

先輩一人は数年前に亡くなりました。

IMG_2181

で、まぁ、4人にその大湊に集まらないかとハガキを送ったんです。

無理とは思いながらもです。

で、二人から返事が今日ありました。

IMG_2185

老々介護とか、勤務の都合ありで、なかなか無理なんです。

それぞれの都合があるんです。

そりゃぁそうだと思います。

でもそれぞれに心が動いたようです。

たぶん便りのない二人も動いてる。

021

土筆です、春ですねぇ。

先日高校のボート部のHさんから野菜をもらったんです。

DSC_0010

て、言うか、店の前に置いてあったからHさんの息子さんが持ってきたのかと思ってたんです。

DSC_0011

勝手にそう思ってたんです。

たぶんあってると思う。

これはパートさんにもおすそ分けしました。

と、、、ところが、、今日は本人のHさんが持ってきた。

IMG_9164

これが、そうです。

ねぇ、ありがたいです。

話は変わりますが、先週の土曜日の閉店間際のことなんです。

私は、明日は休みだと酒飲んでたんです。

DSC_0013

と、古ぼけたヴィッツが遠慮がちに店前の端っこへフロントをみせて停まったんです。

あ、お客さんかな?と思ったが、どうもそうではない。

腹の出たジャンバーを着て、さらに頭も薄いおっさん風のオッサンが少し店を見ながら、入るでもなし、入らぬでもなし。

外でケイタイを掛けていました。

聞こえてくる話では先日亡くなった95歳のおばあさんの名字を喋ってる。

弔問かと思ってたら、弊店に入って来たんです。

DSC_0015

二階の倉庫にいる女将へ「お客さんだで〜。」と呼びかけパソコン見てたんです。酒飲みながら。

と、店から女将が私を呼ぶんです。

「そこのT医院さんだって。ボート部だったって。」

その院長曰く「二つ下でそんなに長くいなかったから、覚えてないでしょう。」とのことでした。

そういえば昔献血に行って会ったことがあるが顔は覚えてない。

DSC_0023

昔の話をしていると、そのお母さんも店へはいって来て静かに話を聞いておられました。

前院長の奥さんですよ。

このお母さんも医師で、面白いのは弊店の女将の父親がこの医院へ通ってたんです。

主治医はこのお母さんなんです。

DSC_0025

女将の父は紫電改の鷹とこのブログに乗せましたが、その鷹が昔墜落したんです。

で、身体障碍者なんで、手指が不自由なんですが、神経が切れたみたいで感覚がないんです。

で、深爪をして血が止まらなくなりこのT医院へ通うことになるのですが、治療より話で油を売っていたようです。

まぁ、二人とも昔話に花が咲く、といった風情ですよ。

で、もとにもどり、現院長は懐かしかったのでしょう。

もと養護教員で95歳の近所のおばあさんのところへ弔問で母親を連れてきて、で、本人は弊店へ寄ったというわけです。

DSC_0016

たいてい来店のお医者さんは服にしても、車にしても、「おう!高そう!」といったありようなのに、この後輩はまったくそんな感じはないんです。

いい感じですよ。

先のHさんにしても、このTさんにしても、歳とると高校の頃の縁をもう一度結びたくなるようです。

クラブとは面白いものです。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra