» オランダ旅行のブログ記事

続いて記します。

高い塔 耐震補強 してないが

周り中 外国人だわ オランダは

オランダで 信綱のこと 読んでいる

エネルギー その大きさが この教会

岸と河 両方見合う カメラの目

多人数 運ぶにゃ便利 観光船

血のにじむ 努力のあとに 風車立つ

二人だけ 手作りにぎり スキポール

スキポール 心づくしの おにぎりを

息子孫 発つ飛行機を 見て帰る

帰り道 120キロを 我がせがれ

「気をつけて」 別れの言葉 スキポール

「ありがとう」 言わず搭乗 ありがとう

乗務員 日本と蘭で 背が違う

飛びたった 関空までに 日が変わる

総括というか後で出来た川柳は

ひょっとして かのローレライ 家の妻

賞味期限 過ぎてむかえる 旅の夜

なにごとも 無いまま開ける 旅の朝

読書のみ ダブルベッドの 品のよさ

どの街も 歴史を筆に 街描く

文字通り 飛んで行ってる オランダへ

油食う 翼の機械で 雲の上

またしても 注文しすぎ 日本人

かっこいい 馬も街中 糞をする

車引く 駿馬も街で そそうする

カシヤマン シャッター押しすぎ どう始末?

さてこんなところでしょうか。できるとは予想もしなかった旅行でした。息子家族に感謝です。もちろん鳥取のホテイ堂を留守番してくれた四代目たちにもありがとうです。

おわり。

旅行中、またその後川柳を作って結構記したんです。

手帳を持って行ったんです。

A4の用紙にバババッと移すと4枚くらい。

読み直すとやはり駄作です。作者が駄人間ゆえ仕方あるまい。

それでも載せよう駄ブログへ。

12時間 雲海越えて 孫の顔

尻痛し 空気に浮いて 雲の上

ヨーロッパ 雲の上でも 尻痛い

数分で 数十キロの 300人

曇りなし 雲上を飛ぶ オランダ機

雲の上 信号もなし 直行便

12時間 ワインも飲ます すわりぜめ

老若が 行列作る 混トイレ

スキポール 息子の顔見て 安心し

出迎えの 息子の顔あり スキポール

「ヤーッ」と言う 手錠持ってる 女車掌

孝行に どっぷりつかる ヨーロッパ

石造り 永い歴史に 人が住む

石の町 運河のそばに 時を積む

生業が 石の住まいで 時を積む

石畳 起伏の波に 歴史生む

百年は あっという間さ 石笑う

石畳 凸凹言って 自身見せ

石畳 時の重さが 丸くする

石の街 永い歴史が 人あやす

営みが 朽ちることなく 石の街

神さんよ エスカレーターに 変えてくれ

金払い ひたすら登る 石階段

大聖堂 フィットネスとは しらなんだ

散歩道 落ちたら崖だ ローレライ

水難を 乙女の魅力に するドイツ

ローレライ 乙女じゃなくて ごつい岩

ローレライ その美女を見に 日本から

オランダや ドイツの空気 吸っている

蚊のやろう 日本の生き血 うまかろう

フルムーン 世界遺産に だるい足

目を見張る 世界の遺産 足で見る

見学だ 目じゃなく腰が 疲れてる

また教会 高さ競って 数百年

腰がだるくなってきた。

だから、つづくです。

オランダへ行くときはざっと12時間。これが帰るときにはざっと11時間。

行くときは地球の表面が回って来るのだから、エンジン回して浮いて西へ飛んでいるのだから早くてもいいのにと思うのだけど、現実は地球の自転を追っかける東回りのほうが所要時間が少なく、早く日本へ着くのです。偏西風のせいだと思う。

この風にのって、もし中国で原発事故があると放射能が日本へ飛んでくる。

さて、何回かな?オランダへ行くときはそれなりの味だった機内食が、帰りはまずくなって、しかし、私はすべて、しっかり食べて、飲み物も何度も運んでくるので、飲んだ。

気がつくとこの旅行で喋ったのは、いや、英語で喋ったのは、この帰りの飛行機の中。

「Do you have  hot tea?」

これだけであった。

すると、男の客室乗務員だったが、グリーンティーがあるという。

で、飲んだ。あまりうまくなかった。

腹にガスもたまらず。

これって、ちゃんと分からぬように、そう、息子の言葉を信じて、空気の流れを信じて、機内に放出してたんです。

「おい、いま屁した。」と隣の女将へ言うと、

「あ、ほんとか?分からんかったで。」との返答。

どうやら成功のようです。

で、日本の入国審査。

こりゃあ、甘い。すぐ通っちゃう。ひょっとして蜜輸入品を持ってるかもしれないのに。

日本は平和なんです。

で、空港バスなんですが‥‥。

その前に、まず、暑い!

さらにそのまえに、きっと帰ってきたら、蕎麦とか、ラーメンとか食べたくなると思って、関空の3階のレストラン調べてたんです。

ネットの割引券も印刷してた。

大阪のことだから、東京と違い定価もけっこう安いですがねぇ。

だが、もう、くたびれてた。

暑いし、これなぁ、アッツイんです。大阪は。

チョコレートのこともあるし、リムジンバスだ!と二人ともすぐ決定。

リムジンバスとは、これが日交の小型バス。

でも涼しかった。

それなりに歳を召した運転手さんでした。

乗ってればO CAT(難波のバスステーション)へ行ってしまう。

楽、楽ですよ。

そこに着くと10分後の11時に鳥取行きが出る。

着いたところがほとんど出発の場所。すぐに切符を買って、腹へった。

売店もあるがサンドイッチは売り切れてた。

中国道の途中でサイダーとサンドイッチなんか買って、乗客の少ないバスのなかで食べたが、乗客はほんとに少ない。

そして涼しいのがとてもいいですよ。

そうでに千代川が、オゥ、日の丸バスがみえてくる。

鳥取だわい!

時間通りに鳥取へ着いた。

ええで、着いたのは。

ごっつい暑いが!

なんだいや、これは。

この暑さがさきごろまで続くのです。

弊店に帰っても、母も、四代目もくたびれたようす。

いやはや、暑い。

そしてうつつの世界へ帰って来たのです。

終わり。

18日帰国の日。

裏庭でローラーブレードを孫に慣わしていた。

息子は小学校の頃アイスホッケーしてたから、なるほど、と思う。

スキポール空港を14時40分発だから10時30分ごろにはティルブルグを発たねばならない。

息子と孫息子が空港まで送ってくれた。

孫は片道2時間ほどかかる道中で居眠り。

もはや見慣れた農村風景であるが、今日で見納め。

大型のトレーラーも見納め。

農業国だで。

右へはいります。

アムステルダムの町。

いよいよスキポール空港。このあたりも土地は低い。

着いたぞ、着いたぞ。

駐車場に近づくが、渋滞。

なんでか、昔から車と道路には強い息子はすぐに別な駐車場へ入り込んだ。

この時が12時25分。

ちょうどいい頃だわい。

中国か台湾の看板があったので、ふ~むと思い、日本のものを探す。

あってよかった。

搭乗手続きはすべて息子がやってくれた。

ここでは切符や荷物の重さもセルフサービス。

言葉が分からんとできんで。

で、息子たちと別れる。

ほんとに世話になった。

「気をつけてな!」と別れる。

12時55分だからまだ2時間近くあるので、まず腹ごしらえだ。

空港を眺めながら昼食である。

どうだ、おにぎりだ。にぎりめしだ。息子の嫁がにぎったにぎりめしだ。

うまいで。

味わって食べてる。

スキポール空港が広いといってもこの時間におにぎりを食べてるのは我々二人だけに違いない。

幸せ者ですで。

この嫁にも大変お世話になった。

感謝です。

このあと少々の見学と免税店をぶらぶらとするが、いいものは高いですよ。

小物を土産に買う。これって切符を見せないと買うことができない。

あと1時間ほどあるが搭乗口へ行ってみるかと、ぶらぶらと待合室へ行く。なんと日本人がたくさん並んでる。

「これって関空行きですか?」と聞くとそうだとの答え。

そのままわれわれも並んだ次第。

搭乗検査は日本より少々すごい。

財布とかポケットの中身はもちろん出して、さらにベルトははずす。

首にかけてるものもはずす。

そのあとX線だろう両手をあげてしばらく静止。

で、乗れた。

帰りも席の間が10cm広いブースで行きがけの一つ前。

そして同じく3人分を2人で使えたというありがたさ。

帰りは夜があるのかなと思ってたが、無かった。

日の光が機内に左側から入っていた。

ということは太陽が北からさしていたことになる。

地軸のなせるわざだろう。いわゆる白夜だと思うんです。

これで11時間ほどは飛行機の中ということになります。

東へ向かって飛ぶわけです。

鳥取へ帰って知るんですが、空港まで送ってくれた息子と孫は空港近くの飛行機がよく見えるところまで行って、やはりおにぎりを食べながら我々の乗ったオランダ航空機が離陸するのを見ていたようです。

そうか‥‥‥‥‥。

お世話になりました。

ありがとう。

です。

今日は22に継いで23。

このブログ、オランダ旅行が終わらない。

なかなか省けない。

だから急いで書こう。

この日は次の日の帰国にそなえゆっくりとした予定。

すぐ近所にある孫の学校を見に行った。

4歳から小学校へ上がる。

これがそう。すごいベンチだわい。

その前に咲く、月見草?

息子は孫の自転車に乗って遊んでいた。いい光景だ。

学校の近くのティルブルグの駅にも行ってみた。

文字が読めんと切符も買えれん。

ホームに自転車で上がってもいいらしい。

いい勢いで通過する列車。

しかも長い。長いで。

いろんなところへ落書きがあるが、先頭車にもあった。あまり気にしないのか?

ほら、また来た。

かっこいいで。

あきない。

さらにスーパーに買い物です。

様々な商品があることあること。

普段鳥取で買い物に行くSマートよりもたくさんの品揃えですわい。

これ!これがとてもいい。

たいていのスーパーに置いてあるというが、オレンジ搾り機。

この絞りたてのジュースがうまい!

うまいんですよ。

オランダへ行ったら是非に飲んでみるべし。です。

日本でも置けばいいのにと思う。

ビールもあるでよ。

そして商店街。

スーパーを中心にして専門店が並んでいる。

おそらくおいしいチーズやらパンなんかを売っているんだろう。

ブルージュの蚤の市で買った猫。カバンの中への納め方がむずかしい。

オランダへ行くときにはもちろんたくさんの荷物であったが、帰りにも、なんと、負けずに多い。さらに重たい。

ワイン数本、ビールも数本、難しいのはベルギーで買ったチョコレート。うまいが、だから是非買って帰ろうとなったわけだが、日本は暑い。夏の真っ盛り。溶けるで。

う~ん、、だで。

そこでアイデアです。

紙パックのジュースを凍らせて同じバッグに入れようとの結論。

これは大成功でした。

言っときますが、ワインなんかは服でぐるぐると巻いてカバンに詰めたほうがいいですよ。

これも、もちろん成功でした。

続く。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ご案内

viagra