» 2017 » 11月のブログ記事

毎年のことながら冬の生ものを作り始めました。つい先ごろまでは秋の紅葉だったのにねぇ。早いもんだと、そうか、老人は矢のごとくに歳をとるのかと感じる。

「落ち葉」または「枯れ葉」とか名付けるんです。わしらみたいなもんですかねぇ。

若い頃は時間がたくさんあったような気がする。第一徹夜なんて平気だったもんですよ。

ま、なんだかんだと実際には人よりも仕事してるけどねぇ。

だが今年はちょっといけん。

大女将はリハビリで施設に入ってるし、・・・・そういやぁ、高校のクラブの時のHさんの母親が同じ入所者として大女将のところへ挨拶に来られて、H君のお母さんかと分かり「あら、まぁ。」といったことだったらしい。Hおかあさんは大女将の「年寄り車」に店で作っていたアクセサリーの猫がぶら下がっていて、それを見て気がついたとのこと。

やはり、芸術家なんてこと言わなくていいから、人間はなにか作っていなけりゃぁいけんもんだで。

話はもどる。

女将の父親も体調悪く現在入院中。在宅より少しは元気になったものの、心配しかり。今日も女将は病院へ行っていた。

なんだかんだで、今年の冬の和菓子教室は無理だと、中止だと決定さしていただきました。

生徒さんには、ごめんなさいです。

確かに朝新聞を見ると鳥取砂丘に15,000人の人が来てるとの写真入りの記事が載ってた。みなポケモンを捕まえに来てるんだと。その写真は普段になく砂丘の砂の上に人口密度が高い。ごっつい人だ。だが、弊店には関係ないと思ってた。

だから、「カシカウカイジュウ」なんてのがこの店にでも現れたらすごいででなぁ。などと冗談を言っていた。

そして、本日12時ごろでした。弊店前の寿町道路へ次々と車がやって来た。近くの鋳物師橋を見ればスマホを見ながら数人連れで歩いてくる人も見える。

渋滞となった店舗前の道路、神戸ナンバーのベンツの女の人がトイレを借りに来た。話によればすぐ近くでものすごくレアな〇〇が出るとのこと。大阪ナンバー、三重、和泉、遠くは宮崎、福岡ナンバーも目に入る。びっくりですよ。

数人暗くなってもスマホ片手にバックパック姿で歩いている人もちらほらいる。

でもって、四代目のスマホにもこのアプリが入っていて、なんと、店の前にも名前は知らぬが、カイジュウ(?)がいる。店のなかにもいた。道を挟んだ火伏神社にもいるんですよ。

弊店へ買い物に寄った女の子によると、「さきほどはそこの片原通りで100%捕まえられるんで、たくさんの車でしたよ。」との弁。鳥取には初めて来たとのことで、東京からとのことでした。

市内いたるところでポケモン騒動らしい。ホテルも満室らしいし、経済効果はどうも大きい。

今日の休日は、あっという間に終わり、ウイスキーの時間となりまして、ブログも記しています。

そんな今日、なんと、みぞれが、霰が、それと同時に雪起こし!

毎年のことながら、冬の到来の印です。

あっという間の夏からここまでの数カ月でありました。先週というか、昨日の土曜日にもパートさんに来てもらって仕事片付けていたんです。

くたびれたわなぁ。

それと、ワシの誕生日にもらったスコッチを少し飲んでみた。

と、なんとウイスキーに違いないが、覚えがないほどのいいものでした。

試しに久しぶりにストレートで少し飲んでみた。

身体に溶けていく自然さ、が、ありました。

これを作ったスコットランドの職人はすごいと思う。

今月の時の経過は極めて速い。あっという間に半月を過ぎてしまった。もっとも、ほんとに「あっ!」と言ったかというと、言ってない。このての例え言葉はきっと多くある、と、思う。

これワシの誕生日のもらったもんだで。そのほか冬用コートもある。そんなのは異例で、例年ウイスキーが多い。いや、おいしいスコッチはありがたい。

この誕生日から、もう半月たつんです。

感覚的に「あッ!」っという間でしたよ。極めてあッっという間。こんなに早いのはめずらしい。覚えがない。

そういえば、昨日昔高校の時のクラブの一年後輩のUさんが店に来た。買い物ではない。近くを通ったので寄ったとのこと。

同じ年代としては「あッ!」という間の話をして、このUさん、経営してた車屋をやめて、福祉施設につとめているとのこと。

年寄りが年寄りの面倒を見るわけで、入居者とけっこう話も通じるみたいな話でした。

まぁ、普通かっての社長が福祉士になるわけで、だが、一般的な見栄はこのUさんにはない。面白い人物です。

もっとも現場にはかなり問題があるようで、だから、現場での本をかいてみたらと、勧めておきました。面倒をもうすぐ見てもらわなならん年寄りが、さらに年寄りの面倒を見るわけで、面白い人間味の本が出来るかもしれない。

実際入居者は世話をする人のしんどさを分かっているといってました。

元気な時には気づかなかった、あたりまえのこと。ご飯炊食べて、うんちして、おしっこもして、それは当然トイレでしていたものが、そうじゃなくなる。

自分が半認知で、ふっと気がついたとき、おしめが自分にしてあったことに気がついたら、いやぁ、これはショックでしょう。

私の祖父の、その時の表情は忘れることができません。

そうだでなぁ。

わかるかなぁ?

あ、何書こうとしてたのか、おいしいウイスキー飲みながら書いてた。

明日、土曜日も忙しい。

たいてい月初めに、通りがかりにこの掲示板のシャッター押してたんですが、忙しくてG寺の前を通ることもなかった。で、今回は意識して道順を一番初めにG寺へ向けて、一枚、シャッターを押しました。

「自分の人生なんだから 自分で走れ by 矢沢永吉」

 

まぁ、エネルギーのある矢沢さんは走ればいいけども、そうでない凡人は歩けばいいと思う。ワシ古い人間だからか、ロック?ヤザワさんてあまり好きではない。日産のコマーシャルにも出てるが、なんか、その表情も好きでない。いや、ファンの方には失礼な言い方であります。ましてや住職にはごめんなさいです。

ただ、日本人って一人一人自分の事、その住んでいる地域、そして国、さらにはこの地球を考えているのかなと不安に思う。

たとえば簡単なことであるが、民主主義といわれる日本であるが、身近な集団では選挙すら行われていない。ずっとボスが次のミニボスへバトンを渡しているのです。そんなのが当たり前と思ってる。

どうも地方の人たちは、全部とは言わないけれど、ものを言わない。流されて、それでよしと考えているような気がする。いゃ、まちがっていたらいいのだけれど。

どうも、もっと声をあげなければいけないのではないかと思ってしまう。

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ご案内

viagra